星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Category [宝塚観劇 ] 記事一覧

スポンサーサイト

「君の瞳に乾杯」

 名誤訳として知られるこのセリフ。 原文は、Here's looking at you, kid. 私も映画を見るまでは名文句だと思っていましたが、実際に映画を見てからは誤訳だと思っています。映画だと4回出て来ますが、物語が進むに従って、字幕と元のセリフとのズレが大きく感じられてくるんですよね。イングリット・バーグマンのイルザの眼を見ていると確かにこんなセリフ言いたくなるんですが、相手の眼ではなくて、自分が見つめていること...

花組東京特別公演「オグリ!」

 花組日本青年館千秋楽を観て来ました。舞台と客席が一体となって大盛り上がりで、すごく楽しかったです。 今日しか行ける日がなかったので初見で混ぜてもらった私は、最初「え?ここって笑っていいところなの?」とちょっと(かなり)戸惑ったり、セットに驚いたりしましたが(「びっくりするよ」と友達に言われてましたが、ええ、びっくりしました)、こういうお芝居好きですね。えええ?って思うところもあるけれど(人形だけ...

花組東京特別公演「銀ちゃんの恋」

 雪組で頭がいっぱいで、あやうく行くの忘れるところだったうえ、金曜から寝不足で、かなりヨレヨレでしたが、頑張って行きました。 そしたら。 開演前にプログラムの作者言を見たら、こんなことが書いてあった。 目の前に正塚先生の雪組公演『マリポーサの花』のチラシ…、解説に「男は危険と隣合わせに(略)」とある。……(中略)……石田作品だって、針で目を突き、熱湯を浴びせられ、バチで殴られ、階段から落っこち…と、柴田...

月組東京特別公演「HOLLYWOOD LOVER」

2008/01/21 11:00 日本青年館2階センター寄り下手 景子先生らしい美しい舞台でした。 悲しい話なんだけれど、誰も後悔はしていないと信じて、輝いていた姿だけ憶えておけるような、そんなお話でした。 なんか元気出ましたよ。 景子先生は、舞台だとか映画だとか小説だとか、そういうものを作る人たちが本当に好きなんだろうなと思います。「堕天使の涙」のときは、「地獄の舞踏会」はどうなったのよ?みたいなとこありました...

月組東京特別公演「A-"R"ex」

2008/01/08 14:00 2階下手 月組さんの荻田作品、観て来ました。 歌がなければ小劇場演劇? セットにしても衣装にしても、場面転換の仕方や歌うようなセリフにしても、私にとっては馴染みのある作りで(宝塚では観たことないけど)、そういうところが引っ掛かることはなかったんですが……観てるの、かなりつらかったです。 観る前から、荻田先生の言いたいことが理解できるとは思ってなくて(私はこの手の芝居がわかったと思...

星組大劇場公演「エル・アルコン-鷹-/レビュー・オルキス-蘭の星-」

2007/11/25 11:00 1階後方上手端 星組いいですよ~って話をもっとしておこうと思います。 (なんか、星組ファンの血が騒ぐわ)...

レビュー・オルキス終了

 え~。 これだったら芝居の一本物がよかったなあ。 草野先生、おじいちゃんおばあちゃん好きねえ……。 全体の構成がよくない。アルゼンチン・タンゴはよかったけれど、他の場面がちぐはぐで……特に中詰が退屈。衣装も好きじゃない。 わざわざ追加したという瞳子ちゃんの歌も取って付けたようだし……。 あすかちゃんはタッパがあってスタイルいいから洋物ショーのほうがいいなーと思って、あすかちゃんばっかり見てました。...

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。