星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪・花・星 全ツ演目発表

 これは、予想をはるかに超えた最悪の知らせ。
 風共どころじゃない。
 動揺して説明できないのでコピーします。

「2008年の全国ツアー公演(雪組、花組、星組)は、『外伝 ベルサイユのばら』と、宝塚歌劇ならではの華やかなショーとの2本立ての構成です。

 『外伝 ベルサイユのばら』は、原作者・池田理代子氏が宝塚歌劇のために特別に書き下ろしたストーリーのもと、植田紳爾の脚本・演出により、従来とは視点を変えた『ベルサイユのばら』の世界を構築した作品です。」


 誰こんなこと考えたのっ。
 植田紳爾の脚本・演出のベルばらはもう観たくないって言ってるでしょ~!!
 今の理代子さんが書き下ろした外伝というのも、多分、かなり、微妙だ。

「雪組公演ではジェローデル、花組公演ではアラン、また星組公演ではベルナールに焦点を当て、本編では描かれなかった、それぞれの人生をドラマティックに描出します。また、各バージョンとしてだけでなく、3組の公演を通して「外伝 3部作」としてお楽しみ頂くという、これまでにないスタイルでの上演です。
 新しい表情を見せる『ベルサイユのばら』に、どうぞご期待下さい。」


 てことは、夏希さんがジェローデル、まとぶさんがアラン、瞳子ちゃんがベルナールを演るのか。やば……ちょっと観たいとか思ってしまった。
 これ、演出家も全部替えてくれたらな~。ジェローデル編→景子先生、アラン編→正塚先生、ベルナール編→木村先生でどうです?

 雪組のあらすじを読んでみます。

「名門貴族の御曹司で、女性と見まごうばかりの美貌と冷たいデカダンスの雰囲気を持つジェローデル。強い美意識と卓越した知性、そして素晴らしい剣の腕前の持ち主でもある。」


 「女性と見まごう」ってのはどうでしょうかね。

「アントワネット付きの武官として近衛隊に入隊した年上のオスカルにライバル意識を持ち試合に挑み破れるが、それ以降、オスカルの美しさ、知性、そのまっすぐな信念に強い憧れと関心を抱き、喜んで副官としてオスカルに仕えるようになる。」


 なんだそのアニメ第1話みたいな設定は……(アニメの方がまだマシだな)
 ちょっと待って。ジェローデルの方が年下? それは……私の認識とは違ってますけど、原作者がそうだっていうんならそうなんでしょうね。(オスカルより年下だってことはアンドレより年下だってことになっちゃうから、それって、なんか嫌だ)

「王妃の恋人と噂されるスウェーデンの貴族フェルゼンが、妹ソフィアを伴ってフランスにやってくる。ソフィアにフランス宮廷のエレガンスを学ばせるというのが名目だが、王妃との噂が表立ってきたために、ソフィアに王妃と自分との連絡係をさせるためでもあった。そのような中でジェローデルを知ったソフィアは、その美しさに惹かれていく。そして、ある時、ジェローデルに窮地を救われて以来、ソフィアの想いは憧れから恋心へと変化していく……。」


 ソフィア~。ソフィアはねえ、原作の中では私のえこひいきキャラなんですよ~。傍観者的立ち位置がいいの。冷静なところがいいの。何なの、この片想い話~。(面食いだってところは正しい)
 ……っていうか、主役はジェローデルじゃなくてソフィアですか?

 ショーはミロワールですって……いいんじゃない……芝居とテイスト合いそうだし……。

 アラン編とベルナール編は原作に沿った話みたいじゃないの~。あやねちゃんがディアンヌで、あすかちゃんがロザリーかな。いいじゃん。ジェローデル編がいちばん、わけわかんないモノになりそう。(その分、別物として楽しむ、という道も……あるんだろうか?)

 ああもう、熱出そう。
 今日は、息子が朝から熱出して寝てます。そうじゃなかったらお迎えに行くの忘れてるとこでしたよ。

 夏希さんがジェローデルを演るなら、ゆみこちゃんのアンドレにショコラぶっかけてもらいたい。(そんなシーン絶対無い)

Comment

NoTitle 

ショコラをぶっかけられると子はちょっとなんだけどその前の妻をしたう従僕がなんとかって言うせりふは水さんにいってもらいたいかも・・・あれ結構好きなんですが。
  • posted by yumi 
  • URL 
  • 2008.01/18 20:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

「と子」ではなく「とこ」です。もちろん。
  • posted by yumi 
  • URL 
  • 2008.01/18 20:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメントありがとうございます 

「ぼくにも妻を慕う召使いを妻のそばにつけてやるくらいの心の広さはあるつもりです。きみさえよければ……」
かけるでしょう、どうしたって。こんなこと言われて黙ってたら男じゃない。(今はアンドレの話じゃない。笑)
私はその後、黙って顔を拭くジェローデルが好きです。
ジェローデルがどういう気持ちでこんなことを言ってるのかまで描けたら面白いかもしれません。
でも、そういう話にはならないのではないかと……。
こういった場面なしで、《「ベルサイユのばら」のジェローデル》が成立するとは思えないのですが。

な~んて、語っちゃいましたが。
単に、ゆみこちゃんのアンドレと、夏希さんとゆみこちゃんの絡みが観たいな~と思っただけです。
(いつになくレスが早いと思えば情緒不安定ですみません……)

投稿時に暗証(パスワード)を入力しておくとコメントを修正できます。
  • posted by Valancy@管理人 
  • URL 
  • 2008.01/18 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。