星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラグラスアイ 山科愛@タカラヅカニュース

 初回放送から10日以上経ってしまったので、かなり今更ですが、書きたいから書く(笑)
 オペラピン撮り映像を、本人が見ながら解説するというステキコーナー、雪組初出演はシナちゃんです。

 ピンクと白のお洋服にカラフルな大振りのウッドビーズ(?)のネックレス、髪をぴっちりまとめてアップにしたシナちゃん。リュシールの舞台映像は、オンリービューにしすぎで周りで何が起こっているのかさっぱりわからないし、かなり飛び飛びで、映像に合わせてしゃべるのが大変そうなんですが、一生懸命説明してくれます。。そして、ほかの人がちらっとでも映るとその人の話をするんですよね。「水さんの表情が……うふふ」とか言って映像に見入ってしまうシナちゃんが、可愛いぃ……。
 リュシールについては、「お昼なんて食べられない」というセリフが彼女の性格をよく表していると言ってましたね。

 続いてインタビュー。
 リュシールは15歳くらいという設定だそうです。16~17歳か、もしかしたらもっと若くて12歳くらいなのかも、どっちだろう?と思っていたんですけれど、その間のむずかしい年齢でしたね。「15歳なりの、思春期の気の強さとかわがままさとかを出せたら、新たな役が生まれるんじゃないかと思って、敢えて、気が強くわがままに、というのをテーマに演じようかなと思っています」とのことです。

*ジョルジュについて
「最初はいけ好かない金持ちと思っていたジョルジュのことも、お芝居が進むにつれて、『あ、なんかすごくいい人だ』と思って、最終的にはジョルジュと一緒にサーカスが回れることが本当に嬉しくなっちゃうぐらいジョルジュのことが大好きになっていて、そういう心の変化をどんどん出して行けたらなと思っています」
 マルキーズがジョルジュを愛するようになっていく心の動きより、リュシールがジョルジュを好きになっていく気持ちのほうがわかりやすかったんですよね(今はどうなっているかわかりませんけれど)。マルキーズとジョルジュの関係だけでは描けないところをリュシールが担っている気がします。だからマルキーズは、いつのまにかに……ということでもいいのかな。

*シャルルについて
「リュシールはすぐ思ったことを口に出してしまうんですけれど、そういうときにいつもシャルルがフォローを入れてくれたり、守ってくれたり、助けてくれたりという二人の関係性を観ていただけたらなと思っています。ご覧になる皆さまによく言われるんですけれども、私としては、リュシールとしては、全然、恋心とかもなく、お兄さん的存在です」
 そうなのかもねえ~。意識してないところがまたいいんだな~。でも15歳と27歳じゃ、思ったより年離れてたなあ(16と24くらいだと思ってた)


 ショーの映像でもう一人出演するはずですが……ぜひぜひ緒月君をお願いします。(AQUA5からテル君かひろみちゃんでもいいけど)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。