星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪組東京公演「君を愛してる」【初日】~アルセストとセリメーヌが素敵カップルになってる件その他

 登場人物別感想です。
 アルセストとセリメーヌの気持ちがほんとによく伝わるようになったし、細かい演技をするようになっていて、とってもいいと思います。
 サーカス団員とか、踊り子たちとか、芸術家とか、ひとりひとりが役として生きていて、大勢で何か言ったりしたりする場面は迫力があります。「サーカス魂」は圧巻でした。客席の手拍子も入るようになってよかったなあ。

 思いつくままに順不同です。

*アルセスト(テル君)

 セリメーヌに「私がジョルジュと結婚しても構わない?」と詰め寄られて、何か言いたそうにセリフをためるのがよかった。前は「親友は裏切れない」っていうのが、何言ってるんだかわからないと思ってたんだけど、セリメーヌに気持ちを言えない本当の理由は別にあって、口に出しやすい言葉に逃げてるから、訳わかんないこと言ってるんだっていうのがよくわかりました。
 その後でものすごい凹んで、ベンチに座るとき、隅っこに貼り付くのがいい(笑)

*セリメーヌ(さゆちゃん)

 アルセストに対するセリメーヌがすっごい可愛い~。
 歌い方変わりましたね。低いところのパンチが効いてる(声はまだちょっとあんまり出てないと思いましたが)。歌は力強いんだけど、「ねえ~アルセスト」っていうところは可愛く言うの。
 両親の歌に「え。そうなの?」とツッコミ入れるのも声が更に低くなっていいですね~。
 ラストシーンでウエディングドレスで踊ってるセリメーヌが可愛いぞ~(もうそればっかり)

*フィラント(桂ちゃん)

 お気楽さに磨きが掛かってるなあ。自分は悩みなんて何にもないから、アルセストに親友にも言えない悩みがあるなんて思ってもみないんだな~と思いました。気がついて一緒に悩んでくれる友達もいいけど、それじゃ一緒にドツボにはまっちゃうってこともあるから、全然気がつかないで引きずり回してくれるこういう友達、いいよな~。ジョルジュだって、酒飲ませてほっぽり出されたからマルキーズに出会えたんだし、アルセストだって「パーティーなんて行きたくない」とか言っていても、無理矢理連れて行かれれば、ためになる神父さまのお話もきけるんだし。言ってみりゃすべてフィラントのお陰ね。

*アルガン(ゆみこちゃん)

 今日ちょっと印象が薄くて……歌も圭子さんが一緒に歌ってるときのほうがいいなあと思ってしまいました。(ショーになるまで気がつかなかったけれど、ゆみこちゃんは喉の調子がよくなかったんでしょうか? 低い声がハスキーでした)
 あんたなんかお呼びでないと関係者全員から言われてるのに、真剣に「結婚しても仕事は続けてほしい」とか「君の望みに従う」とか言ってるアルガンがかわいそうになってしまいました。マルキーズは、したくもないのに結婚しようとするしさ……。

*レイチェル

 アルガンが、マルキーズには感情を抑えて冷静に話してるのに、レイチェルに対しては「君は僕の女房か!」とキレ気味に言うので、マルキーズはやめときなよ~幸せになれないよ~レイチェルのほうがお似合いだよと思っちゃいました。
 螺旋階段の告白後、アルガンを見てようと思ったんですけれど、途中で見失いました。アルガンの居場所がわからないときはレイチェルを捜した方が早い。レイチェルが、アルガンに声をかけようとして、ああやっぱり行けない……っていうのを繰り返してるのが可愛い。
 ラスト銀橋の歌、レイチェル攻めてますね~。それに対してアルガンが逃げ腰なのが可笑しい(前からあんなでしたっけ?)

*クレアント(緒月君)

 クレアントは第一声から、なんか若くなった、と思いました。
 それに、穏やかな性格になったような気がします。遊び人のお兄ちゃんには全然似てない。でもすごく仲いいんだよね。ジョルジュとの取っ組み合いは息が合ってて最高です。

*ミミ(リサリサ)

 髪が外はねになってた。髪型日替わりだと嬉しいなあ。
 雪組観にきたら、リサリサにウインクしてもらわないと帰れないね~(笑)

*ドビルパン夫妻

 日本の夫婦についての話はネタが古すぎると思う(二十世紀半ばの話ですから時代考証はあってるんでしょうけど)。ヒロさんとちぃちゃんでなかったら、つまらなくてとても観てられない。ここ直して欲しかったんだけど、なんにも変わってませんでしたね。エレーヌが「仏教の教えなのかしら?」と言って柏手を打つのが、可愛いような、ビミョーなような(誰も笑ってないしなー)
 ジョルジュと話しているときのドビルパン氏が海千山千な感じでかっこよくて好きです。

*サーカス団員

 だいぶ見分けがつくようになりました。
 「ミロワール」の話のあと、ジョルジュを取り囲むのが、と~ってもこわい。ジョルジュをオペラで追ってたら、リュシールが剣を取るところ見逃しちゃったんだけど、オペラに入ったクレマンティーヌ(実花ちゃん)がすごい目でジョルジュを睨んでて、いいもん見たって気がしました。
 リュシール(シナちゃん)が子どもっぽくなって、シャルル(ひろみちゃん)が大人になったように見えるのは、そう思って観るからなんだろうか、二人の役作りが設定に近づいてるってことなんだろうか。
 シャルルがアルガンに「そんな口が利けるようになったか」と言われて、ぐっと押し黙る顔が好き。サーカス魂でちゃんとやり返すしね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。