星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪組東京公演「ミロワール」【初日】(第1章~第3章)

2008/02/16 15:30 2階後方センター

 今日はあんまり余計なこと考えずに見られたと思います。このくらい遠いほうが、眩しい~とか総スパン嫌い~とか思わないで華やかさを楽しめていいなあ……群舞もすごくきれいだし。
 ただ、ホリゾントの鏡に映る姿が全然見えません。1回しか観ない人にはやっぱりあれも観てもらわないと~と思っちゃいますね。
 上から見ると、舞台袖の鏡張りのセットが立体的にできていて、場面が変わるときに向きを変えて使ってるというのがわかりました。今日は手動で動かしてるってものよくわかっちゃっいましたけど(笑)(初日にはよくあることですね~)

 以下、場面別感想です。
 予想通り(笑)メデューサが長くなりすぎたので2つに分けます。

■第1章 プロローグ(鏡の宮殿)

 遠くから観ると、素直に豪華で綺麗と思います。
 だんだん登場人数が増えていくので、ひとりひとり眺められるのがいいですね。
 で、緒月君その頭は……! ソフトクリームみたい~。
 夏希さんも髪立ってて、ラメでキラキラでしたが、インパクトでは負けてましたね(いえ勝たなくていいですが)
 夏希さん、下瞼までブルーのシャドーが入ってて、お化粧気合いはいってるな~と思って、衣装にあんまり目がいかなくてよかったけど、プロローグではまだジョルジュ君の残像が頭に残ってるので、キンキラ衣装にど~も違和感が~。でもいいです、踊ってくれれば。
 樹里さんのいうところの「ミズさんにしかできないステップ」は見ましたが(たしかに肩が動かない)、「イチかバチか(by夏希さん)」で銀橋で回って止まるところは見逃しました。(銀橋が観にくくて~)(そういえば芝居でも見た憶えがない)

 客席降りは当然見えません……銀橋前の通路に端まで並んでることしかわからなかった。大劇場より通路が少ないから、どうなってるんでしょうね。壁際の通路まで入るのかな? それは来週のお楽しみ。

■第2章 ハートダンスの鏡

 ここのゆみこちゃんのソロで、あれ?声がちょっとハスキー、と思ったんですけれど、ここだけだったかなあ。
 ミラーダンスは、やっぱり影の桂ちゃんが見えたほうが楽しい。動きはぴったり合ってるんだけれど、ゆみこちゃんはぜーったいそんな顔してないでしょっていう顔してる。
 ハートダンスは手拍子もいっぱいで楽しいです。

 お芝居でピエロやってる研一の彩風咲奈君、ここに入ってるんですね。どの子だか全然わからなかったけど……(下級生はあずりんしかわかんなかったからな~)千秋楽までには見つけようと思います。

■第3章 メデューサの鏡

 銀橋に立ち止まった3人の男は、上手花道の壁に当たるスポットを見て、そっちへメデューサを捜しに行くんだってのが初めてわかりました。
 3人がいなくなった後の銀橋にメデューサが登場するわけですが、もう閣下だとは思いませんでした。座り方違うし。片足がオケボックスの中に残ってる(前からそうだったかもしれませんね、わかりません)
 サングラス外した。かっこいい。
 ……が。
 その、グロスとラメでジェル状になって光ってる唇は何ですか?
 トートのときもそうでしたけど、唇があまりにも光ってるのは、必要以上に気になるので好きじゃない……ましてや、眼のほうに意識を持っていかなきゃいけない場面でしょ?(まさか視線を合わされないためにやってるんじゃないだろうな) ああ、LEDはやっぱり左に1個だけだ(いやあれは眼だっていうからもしかして両側についてんのかなと思って)
 ……って。ほーらー歌の前半の歌詞聴き逃したじゃないかあ~。(この時点で彼は上手の壁に貼り付いてました)
 結局唇が気になったのは、銀橋でライト浴びたときだけだったんでよかったんですけど。

 最初でつまづきはしましたが、オペラでメデューサだけ追ったら、場面の印象が全然違うのでびっくりしました。ちぃちゃんがいつ出てきたのか全くわからなかったし、追っ手のほぼ全員が舞台前面に並んで踊ってるときに、あそこにシナちゃんがいるなって思っただけで、緒月君以外の人は全然見られませんでした。今までどれだけ夏希さんを見てなかったんだかわかろうというものです。
 まず思ったのは、メデューサがすごく一生懸命逃げてるんだな、ということ。最初に追っ手を石にしてしまってから、次に力を使うまで、必死で逃げ回る。もう一回力を使ってしまうと、今度は後ろの遺跡の中に逃げ込んで隠れる。捕まりたくないというよりは、力を使いたくないから、逃げているんだなと思いました。そう考えたら、何故追われているのかとか、捕まったらどうなるかということはどうでもよくなります。
 そして、力は意識的に使ってると思いました。意識的っていうのとは違うのかな、強い感情(負の感情に限らず)をこめて見たときに石化の力が発動するんだと思います(だから髪を直そうとして鏡を見て「あっ!」なんてことはないと思う。笑)
 3回目に力を使うときって、怒りに我を忘れてるんですよね。感情の爆発によって暴走する力が、周囲の人を次々石にしていく。この怒りの表現がいちばんのツボでした。
 緒月君との対決も緊迫感がありました。これは緒月君のダンスがよくなったからなんでしょうね。緒月君、夏希さんと対等に演ってて、すごい。
 (そういえばコート、緒月君に掛けてたのかな? 気がつかなかったな)
 そうやって、敵かもしれないけれど、彼の存在もどういう力を持っているかも知っていた人々を全員石にしてしまったら、後に残るのは、強烈な孤独感。
 そこへ娘が登場するわけで……本当は誰とも顔を合わせず、ひとりで生きていかなくてはいけないのかもしれないけれど、それはできない。去ろうとする娘を後ろから抱きしめるとき、たった一つの希望にすがりつくように見えました。

 あと、思い違いしてたなあと思ったのは、サングラスを外されたときに「思わず彼女を見てしまう」ということ。サングラスを外されてから娘を見るわけじゃない、グラス越しに見つめているときに、ぱっとグラスを取られるから、ああいうことになるんだなあと……あら?「思わず彼女を見た」って私が言ったんじゃないや、中村先生だよ……でも、見ていたらなんかそういうふうに思えました。

 ラストですが、下手袖のセットのほうに手を延ばして固まってますね。前よりはっきりストップモーションしてたような気もしますけど、あれはやっぱりわかりにくいと思います。下手のセットは柱状になっていて上手に向いている面にも鏡が張ってあるから、鏡に姿は映っているんだと思います。でもそれは客席からは見えないし(下手前方席なら見える?)、今までその鏡は舞台の飾り(額縁)だったんだから、メデューサの世界のそこに鏡があって、そこに映っている自分の眼を見ているなんてことは、わからない。観る側がどうとでも解釈できるようにわざと曖昧にしてあるような気もします。
 手を延ばすことの意味もちょっとわからなくて……娘を石にしてしまって、苦しんでいる、そこからのつながりがよくわからなかったので(鏡の位置を確認するためにオペラ外してたから)、また次のときによく観てみます。
 とりあえず、夏希さん観てれば面白いってことはわかったので、今日のところはこれで勘弁してください。周りもちゃんと見られるようになりたいな。
 そうだ、LEDの効果は全然わかりませんでした。付けてる位置も上すぎる気がしますが……それももっとよく見てみよう……。


 メデューサの視点で見るならば、ラストは照明のカットアウトで、目をつぶした=自分の力を捨てたとでも考えたほうがまだわかるような……って、それじゃ鏡使ってないじゃん。
 最初に花道の壁でやっているように、その苦しみと悲しみを上手の鏡にぶつけて石になってくれれば、すごいわかりやすいのに。

Comment

オヅキ氏 

コート掛けオヅキ氏は健在でしたよ(笑)
となみちゃん、無邪気な顔して、ひょいとオヅキくんにコートを
引っ掛けて行きました。
この場面、娘にはただの石にしか見えていない・・・ということを表してるんだろうと思いますが、何か余計な気がします。
となみちゃんの無邪気さもいいし、個人的にはとってもウケるんで、そういう意味では好きですが(笑)、ウケを狙う場面じゃないですもんねぇ。普通に考えても、コートをあえて石像に掛ける人なんていないと思うのですが・・・。
ま、固まってるオヅキ氏を見るのも楽しいんで、それはそれで
いいです。(そういう方、結構多いようだし・・・。)
  • posted by まゆ 
  • URL 
  • 2008.02/18 22:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメントありがとうございます 

いつもフォローありがとうございます。
すごいな私、見たいものしか見ない特殊な眼(笑)
「メデューサの鏡」はツッコミ始めると止まらなくなるので、ツッコミモードにチェンジするきっかけは避けて通らないと……。
あれはなんでしょうね……シリアスな場面のちょっとした息抜き?(作者があの面白さをわからずにやってたら困るけど)
それで思い出しましたけど、緒月君がコートを脱がせる時、下手の前のほうで何人か石になってますよね。東京初日に観たとき、一瞬、緒月君がそこにコートを掛けるんじゃないか、と思ってしまいました(笑)

私には、娘がなぜコートを拾うのかがわかりません。
出逢ったときには着てなかったんだから誰の物かわからないじゃないですか?(ほかに誰もいないけど)
  • posted by Valancy@管理人 
  • URL 
  • 2008.02/19 13:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。