星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪組東京公演「君を愛してる」【10回目】

2008/03/27 15:30 OMC貸切 1階上手ブロック最前列

 東宝で最前列に座るのは初めてでした。大劇場では、2列目の端っこまで行ったことがありますが、こけら落としのショー二本立てのときじゃなかったかと思います。だから、こんな前で宝塚のお芝居を観るのは初めてなのかも(相変わらず記憶がさだかでない)。
 昔2列目で観たショーの印象と、人から聞いた話から、きっと舞い上がって、細かいことに気をとられて、話に集中できないんだろうな……と思っていたんですけれど、全然違いました。まあ、ちょっとはそういうところもありましたけど(笑)……なんか……舞台に立っているときの感覚に近いものがありました。舞台の上にいると、相手の演技に対して、自分の中で役の感情が動くのが感じられることがある(私のような才能のないアマチュアですら、舞台の上ではそういうことが、あります)、その感覚を思い出しました。あれだけの人数の役者が役の人物になりきって途切れることなく演技を続けている中に放り込まれたら、脚本のここんとこどうなってんの?などという、いつも引っかかってることを考えている暇はありませんでした。
 セリフも段取りもすべてわかっている状態で観られたのは本当によかったと思います。
 そして、この芝居は、もう完成しているんだなと思いました。みんな、間がちょっと違ったり、相手がなにか違うことをしたとしても、役を崩すことは絶対にないんだろうなと思いました。

 もし私が感じたことを全部書くとしたら、最初から最後までストーリーを追わないといけないので、それはパスということで……「セリフも段取りもすべてわかっている」と思う心の浅はかさ、まだ知らないことがいっぱいあった、というメモ。
 (のつもりがなんでこんなに長くなったのだろう……乱文すみません)

【2008/03/29記】

■第1場 お別れ会

 今日はジョルジュが十字を切っているところは見なかった。でも後ろ向いたままでも顔が少し見えるんです。まばたきが多い……。

■第2場 パリの町並み

 初の銀橋渡り。向こうから眉間にしわを寄せてジョルジュが歩いて来るって新鮮な眺めだなー。目の前に立たれるとヘンな角度で見上げることになり、見にくいです。あーやっぱり睫がすごいねーとか思ってました。

■第3場 仮面舞踏会

 女たちの髪型がなんかみんな違って見えたけど、見る角度が違うせいなのかも? アクセサリーは変わってたと思うけど、どこがどうちがうのかよくわからない。

■第4場 パリの町並み

 振り返らないと花道が見えないことにちょっとびっくり。
 ジョルジュの細長いしましまのマフラー、実はすごいハッキリした色のカラフルな縞(ほとんどレインボーカラー)だってことに驚いてみたりする。

■第5場 レビュウ小屋「ワイルド・ホース」

 フィラントが踊り子たちに質問するところのジョルジュのアドリブが変わってた。「どっち? あっちだろ?」みたいな感じ?
 踊り子たちの歌の最初のところ、ジョルジュを追ってるといっつも見逃すけれど、今日は堪能しました。目の前で踊られるとすーごい臨場感。
 ジョルジュは、最初フィラントに「なんで?」って真顔で訊いていて、話しているうちに笑顔になり、楽しそーに踊り子ちゃんとしゃべって、頭の羽根に触ってみたりしてましたね。
 私はラヴァンド(ヒメちゃん)のウインクを食らった気になって、いい気になってました(笑)
 金時計は意外と小さかった。でも鎖がやたらキラキラしている。

■第6場 教会(入口)

 酔っぱらいの足取りがとんでもなくリアル。
 舞台面が全然見えないんです。だから、寝っ転がられると顔が全部見えないー。でも「死んじゃうかも」で久しぶりに声を立てて笑いました。

■第7場 サーカス小屋(控え室)

 「夢で天使にあったそうだ」と言われたジョルジュ君、マルキーズの前でそんな話をされたのが恥ずかしいらしい。
 自分で拳をつかんで下げるところ、先々週あたりから、「ギー」だか「ウィーン」だか擬音入れてますが、今日は二段階になっててすごいウケてた。お客さんは二段構えに弱いよね……。

■第8場 公園

 セリメーヌ、間近で見るとすごいかわいいっ。歌もよくなりましたしねー。
 十八、九で、いい年した男3人いいように振り回すって、すごいなー(笑) 若くて怖い物知らずだからこそできるのか……っていうか、あんたたちどんだけヘタレなのよ(フィラントも?)

 今日も下手では二人でクレープのぞきこみ、上手ではアルセストがおもいっきし頭打ち付けてました。
 セリメーヌがジョルジュを引きずって去るのがだんだん早くなっている気がする。
 フィラントに「立ち合い人はつとめる」と言われたアルセストがいい顔してた。打ち明けられないのがつらいけど、フィラントの気持ちはうれしい、というのか、何とも言えない顔で笑う。

■第9場 サーカス小屋(舞台)

 アルガン、嫌味に磨きがかかってます。
 馬鹿にしたように鼻で笑いながら「ここはあいかわらずだな」と言うアルガンと「変わらないから素晴らしいのよ」と微笑むマルキーズの対照が素晴らしくて、そういうマルキーズをアルガンがどんどん追いつめていくのが見事。(アルガンが嫌な奴であればあるほど、観ているほうはしあわせになると思う)
 「君のことを心配している」とアルガンが言った瞬間、ジョルジュが「どこが!」という顔をしたのがツボりました。
 サーカス団員の中では、どうしてもクレマンティーヌ(実花ちゃん)に目が行きます。その場で起こっていることに対してとても反応がいいので……それにお化粧きれいで可愛いし。
 だれかが「スカパン……」と名前を呼んでいるのを初めて聞きました(これも実花ちゃん?)。名前あるけど一度も舞台上で呼ばれないんですよね。

■第10場 クレアントのアパート

 クレアントとの取っ組み合いが激しくて、ストールが完全に外れてました(キャンバスを見に行きながら巻き直す)。ジョルジュ君は腕ねじりあげられながら、「すいませんすいません」とか言ってました(笑)
 クレアントとジョルジュが話している間、芸術家たちに囲まれてしゃべっているマルキーズが面白かった。いつもあんまり見たことなかったんだけど……。マルキーズをモデルにするならどんなポーズを取らせようかって話をしているらしい。最初マルキーズがふつうにモデルがしそうなポーズをすると、「それじゃつまんないなあ」って誰かが言って(声は聞こえません)、みんなでちょっと考える。「そうだ、空中ブランコやって」「こーやって腕上げてブランコつかんで」みたいなこと言われたマルキーズ、上体のばして両腕上げてブランコつかむところをやってみせて、「これでいい?」「いい、いい」みたいな感じで盛り上がってました。

■第11場 ドビルパン邸

 ドビルパン氏に「こともあろうにサーカスなんて」と言われて、心外だという顔をするジョルジュ君だとか、ドビルパン氏にセリメーヌと結婚しろと言われて、今日はちょっと嫌な顔するジョルジュ君だとか、なんかそういう、ヒロさんと夏希さんの細かーい芝居のやりとりが好きなんだわ。

■第12場 サーカス小屋(舞台)

 フェンシングは、近くでみるほどかっこいいー。
 今日はリュシールの剣を叩き落とした後にリュシールにひとこと言う暇がなかった。これってシャルルがかかってくるタイミングによるのかな?
 へっぴり腰でかかっていくにわさん面白すぎです。
 
 団員たちが名乗る場面、すごくくだけて来ているし、みんななんか小ワザが入ってますます個性的になってる。
 クレマンティーヌが、名乗った後、ジョルジュに顔近づけて「ク レ マ ン ティーーヌ」って繰り返しているのがすごい可愛かった……。

■第13場 パリの町並み

 「チーズ最高!」と言ってる踊り子ちゃんが手にチーズを持っているということに初めて気がつきました。三角にカットしたやつ。ワインはともかく、チーズ持って歩いてるのは……おかしくないか?(笑) 食べ物の小道具ってみんな大きいよね。
 踊り子ちゃんたちも何人か鬘が違うっぽい。グリーンの衣装の子の髪が短かったし……。
 セットが閉じていて、本舞台前面だけ使っていると、舞台が細長くて、下手側が遠い~。上手側の踊り子ちゃんたちに気を取られて、センターのアルセストとフィラントの「お前がいっつも春うららなんだよ」のやりとりを見逃しました。が、後ろからアルセストをくすぐっている踊り子ちゃんの手はよ~く見えました。

■第14場 サーカス(舞台)

 この前から、神父さまが歌っている間に、ラヴァンドとパンセ(ゆり香さん)が見つめ合ってるのが気になって仕方ないんだけれど(このふたりどういう関係なのかな~と思って。母娘?ってことはないか……)、今日は最初からラヴァンドが目につきました。神父さまが「歌を贈ろう」と言うと、これから長いお説教が始まるよ~ちょっと勘弁してほしいなぁ~って手振りでパンセに言うのだけれど、歌が始まると姿勢を正して聴き入っちゃうんだよね(その場にいる全員そうですが)。踊り子ちゃんも全員、性格や身の上を自分たちで設定しているんだろうなーと思って見てました。

 微笑みながら「誕生日おめでとう」と言うアルガンが、いろんな意味で、たまりません。
 アルガン、人を馬鹿にして笑ってるかと思うと妙に凄味がある。見てると怒りが込み上げるんだわ。どっちの言っていることが正しいかは関係なく(たぶんどちらも一理ある)、話の流れとして、ここはアルガンに対して感じた怒りを「サーカス魂」にぶつけるところだと思うので、今のアルガンはすごくいいと思います。
 アルガンはいつも「自分に自信があるならそんな必要はないはずだ」って言ってたと思うんですけど、今日は「~そんな必要はない」って言ってて、言い切りやがったぞ、こいつ、と思いました(家に帰って「ル・サンク」を見たら、そっちが脚本通りのセリフだった……脚本とは語順とか語尾とか微妙に違っているところがたくさんありますが、これは意図的に元に戻したのかな?)
 ジョルジュも怒って、フィラントにアルガンのことを話してる。

 「サーカス魂」は逆流した血が沸きあがるというのか、怒りが昇華される感じ。
 銀橋渡りになると、完全にライトの中に入ってしまい、客席で手拍子してるだけですごい身体が熱いんだけど、舞台の上はもっと熱いんだろうなと思っていました。

 下手花道の3人は、ジョルジュとフィラントが二人で話し、アルセストがちょっと離れて、ぼーっと本舞台に見入っていて、ジョルジュに笑って肩をこづかれて我にかえり、何か話していました。後はいつもやってる通り、3人で袖幕のところの壁まで行ってから、銀橋へ。銀橋を通り過ぎるのはあっというまでした(笑)
 
 途中で一回上手花道を振り返ってチーム・アルガンを見ると、スカパンが本舞台に背を向けてじっと耐えていました。前回2階から見ていたけれど、間近で見るとそのあまりの苦しみように引きずりこまれそうになります。これは、見たらだめだと思いました。(コマちゃんは本当にいい役者だと思う)

 銀橋の芸術家たちの歌から踊り子たちの歌の間に、目の前にいたムゼッタ(せーこちゃん)が、隣りの踊り子ちゃん(カメリアのはるなちゃん)にマグカップマイクを「はい」って言いながら渡してて、踊り子ちゃんは「ありがと」って受け取ってました(ここは生声が聞こえました)。マイクを回していたとは知らなかったー。

■第15場 サーカス(戸外)

 アルガンの「言葉が足りないのは許してくれ」が観る度にかっこよくなっていってるんですけど!

 ジョルジュの銀橋ソロ、銀橋を横から見るのもそれはそれで素敵。スモークの中に浮かび上がる、スポットライトを浴びた横顔を見つめられることは滅多にないと思うので。

■第16場 サーカス(入り口)

 アルガンたちが持っているチケット。オペラでいくら見てもわからなかったけれど、サーカスのテントみたいなイラストが描かれているらしいです。でも、3人とも、もぎる半券部分を上にして、絵が描かれたほうを握ってるからよく見えないんだわ。小道具さん細かいなー。

■第18場 サーカス(舞台)

 ジョルジュが駆け込んできたとき、その場にいる団員たちが、「何?」と言って後ろに下がるのとか、ジョルジュが「君と結婚したい!」と言った時の人の動きとかがすごくよく感じられる。

 螺旋階段は手すりもかぶらず、よく見えました。
 今日は、明るく、高らかに、くもりのない笑顔で「きみよりほかに大切なものはない!」と……。
 シャルルがマルキーズに向かって話し出したときのジョルジュの顔がちょっと変わったかも。優しい顔で静かに聞いている。
 マルキーズが気持ちを告げると、団員たちがすっごい喜ぶから、泣いてる場合じゃない。
 アルガンは、思ったより、怒ってるんだなと思いました。

 銀橋に出てきたアルガンから、私の隣りの方がウインク攻撃を受けました。
 ゆゆゆみこちゃん……こんな至近距離から狙い撃ちって……おそろしい人だ、あなたは。かすっただけでも十分びびりましたよ。
 レイチェルの金髪が肩にばーっと広がってきれいでした。(こっち向いてますから)

 婚礼衣装のジョルジュとマルキーズが銀橋に向かって歩いてきたとき、舞台と一緒になって、拍手しました。
 右隣りの人がしてたから、あ、拍手していいんだ~と思って。
 銀橋のキスは、ベールが少し掛かってたけれど、見えます。あれは角度変える必要あるんでしょうかね……? どういうことかわからないけど、ほんとにしてるようにしか見えない。

 最後はレイチェルのブーケゲットで、上手側の人たちと一緒に喜んで、最高に盛り上がりました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。