星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ツナウオンのこと

 ナウオン、レポするつもりだったのですが、見直す気になれなくて……すみません。

 
 
 
 最初はゆみこちゃんとひろみちゃんがベルばらが初めてで難しいとか奥が深いとか、夏希さんととなみちゃんはベルばら観て宝塚入ろうと思ったとかいう話を、普通に、楽しく、しているのですが、それを聞いているのがしんどいのです。
 おんなじようにベルばら(89年の再演)観て宝塚にはまったのであっても、これだけ立場が違ったら感じることも違うんだろうなあとか、でも歳もさして変わらないんだから(……は、言い過ぎか)、この脚本読んで感じることってそんなに違うとは思えないんだけど……こんな場で言えるはずないよね、とか考えてしまいます。

 不正確な引用になりますが、となみちゃんが、ソフィアの見所としてあげた「あなたの心の中にほんの少しでも私の入るすきまはないのですか」という台詞……それ、オスカルの台詞のパクリじゃん、と思わずツッコミました。そんなことまでやってるのか、と。
 夏希さんもみんなも、気づいてないはずないよね? 誰も口にしないけど。

 植田先生のインタビューは長い! そして、いいこと言うねえ~。それだけ聞いたら、どんな素晴らしいものが見られるのかと思ってしまいます(涙)

 最後のほうで、聖堂の場面を下級生がお稽古していたときのことを話しているときに、夏希さんが「袋の鼠だ」「蟻のはい出る隙もない」という言い回しを可笑しがっているのを見て、ホントのとこどう思ってるんだろう、と、また考えてしまったことでした。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。