星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花組東京特別公演「銀ちゃんの恋」

 雪組で頭がいっぱいで、あやうく行くの忘れるところだったうえ、金曜から寝不足で、かなりヨレヨレでしたが、頑張って行きました。
 そしたら。
 開演前にプログラムの作者言を見たら、こんなことが書いてあった。

 目の前に正塚先生の雪組公演『マリポーサの花』のチラシ…、解説に「男は危険と隣合わせに(略)」とある。……(中略)……石田作品だって、針で目を突き、熱湯を浴びせられ、バチで殴られ、階段から落っこち…と、柴田・正塚作品に負けず「危険な愛を描いている!」とスタッフに宣言すると、「同じ危険でも、リスクとデンジャラスは違う!」と注意された。


 なーに張り合ってんだかー(笑) 石田先生には石田先生の良いところがあるんだから、張り合わなくたっていいじゃない。
 ……と思ったんだけど、幕が開いたら、石田先生の悪いところ(もとい、私の嫌いなところ)が炸裂してて、来たのを後悔しそうになった。
 が、それは最初だけで、しだいに出演者の熱演に引き込まれていきました。
 まあ、宝塚に来てまで、スーパーの棚の配置やお弁当の仕切りのアルミホイルの話なんか聞きたくないってのはあるけど、宝塚に来てまで無能な政治家や銃撃戦なんて観たくない人もいるかもしれないからどっちもどっちでしょうかねー。


 華形ひかる君のヤスがすごかった。
 最初、名前呼ばれてても、ちっちゃくて地味でどこにいるのかわからなかった。舞台はあんまり知らないけれど、素顔はパッと目を引く華やかな顔立ちのはずが……化けた……びっくり。
 このビジュアルって、ファンの人はどう思うんだろ、とかも思っちゃいましたけど、観客の心を動かすのが、かっこいいということならば、そりゃあもう、最高にかっこよかったですよ。
 ののすみちゃんは、芝居が上手いのは知ってたけれど、大女優の貫禄に圧倒された。声がものすごいよく通る。「小さな幸せに満足する普通の主婦」を演るほうが難しそうだったかな、と思うけど、「普通の主婦」じゃなくて「大女優だった主婦」だからなあ……その辺、おそろしくリアル、という気もする。
 ゆうひさんはさすがです。あの衣装着てもお笑いにならないのはすごい。何やっても憎めないしなー。
 めおちゃんもよかった。やっぱり二枚目だわー。まとぶさんが来てたみたいで、アドリブ入れてました。
 みんなキャラが立ってて、特に娘役ちゃんたちが弾けてて、面白かった。

 ゆうひさんの挨拶で、前楽だったことを知りました(ごめんなさい~)。どうりで、充実した熱い舞台でしたね。

 うーん、やっぱりなー。このくらい無茶苦茶やってくれるんだったら、石田芝居/谷ショーがよかったな~……今からチェンジしない?

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。