星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農協貸切銀橋の件について、ネロさんの説明。

【2008/11/10記】
 夏希さんのお茶会にて。
 (だいぶん脚色されている模様。何があったかを夏希さんがどこまで説明したのかまったく思い出せない)

  「ちょっと待って、これ話してもいい?」と、質問コーナーが一旦終わって、次のコーナーに移ろうという時に、訊かれてもいないのに話し出す夏希さん。(期待通りすぎてうっとりしちゃう)
「何かの貸切の時に……あ、ゆみこや下級生のお茶会でも話されたので、皆さんご存知だと思いますけれど……」
 (ゆみこちゃんのお茶会での話をみんなが知っているだろうとは、いったいどういう意味ですかと思ったんですが……深く考えるのはやめよう、何も書けなくなる)
「貸切だから、思いきり冒険してみよう、セリフを忘れてやってみようと。そしたら、出てきてしまったんですよ。『♪元凶はサルディバル 奴は企業の操り人形』なんですけど、なんだっけ、え~と……『♪軍人上がりの無能な男』って」と、夏希さんも字余り具合を再現しくれます。
「私、もう、おっかしくて……私が間違えたのはいいとしよう、ゆみこがってのがおかしくない?」
 (それで笑ってたんだ。ひっどーい……笑)
「『♪軍人上がりの無能な男』『♪軍人上がりの無能な……』楽屋で何度もやってるんだけど、一人じゃできないや(テーブルにつっぷして爆笑)」

 何度もやってるのか~。
 でかまる子ちゃん&楽屋日記メンバーがこれを見逃すはずはないでしょうねー(締切には間に合うはず)。来月の「歌劇」は発売日に買おーっと(笑)

 微妙に話が食い違っているのがせつないエスコバルさんの説明はこちら

Comment

NoTitle 

わぁ~ そんな話があたんだ・・・
歌劇買えばよかった・・・せめて立ち読みでも・・・
キャトル行ったのに何してたのかしら?

梅芸の初日夜の部(なんとかギリでチケットゲットしましたvv)に行った帰りに
キャトルに行ったんです。
卓上カレンダーを娘にせがまれて買いました。(何年振りだろ?)
その時、驚くことが・・・・
見本においてあった卓上カレンダーの8月(水さんのページ)が抜かれていたんです・・・・
初め水さんがない!なんで?確かスカステでは撮影風景やってたよなぁって思って月を確認したら・・・
キャトルに来るお客さんでそんなことする人がいるんだと・・・
なんかショックでした・・・・

ベルナール編は必見ですね!
最後のまとめ方が・・・・良かったですvv
アラン編は見てないんですが、
3作がうまく繋がっていて・・・・・
もちろん、涙・・・涙のシーンも・・・
瞳子さんの挨拶も楽しかったですvv
また、関東でのご感想お待ちしています。
  • posted by nagiteru 
  • URL 
  • 2008.11/10 21:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメントありがとうございます 

いえ、あの、「えと文」か楽屋日記に載るとしても次号ですから……。

お嬢さんと星組さんの全ツご覧になれたのですね。
よかったですね~。
(帰りにそんなことが……?
 いろんな人がいますからね……)

ベルナール編は評判よいようで、瞳子ちゃんとあすかちゃんのためには嬉しいです。私は観ませんが……。
星組神奈川公演の時は、紫苑さんのお茶会で兵庫にいますので、水さんのお稽古待ちが出来たらご報告しますね~。
  • posted by Valancy@管理人 
  • URL 
  • 2008.11/11 17:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。