星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J-WAVE「PLATOn」(テーマ:宝塚パート2)

 MDの録音ランプついてたのに録れてなかった……ので適当レポです。(そういえば去年もそんなことが……)全部入りそうもないなと思って途中からカセットテープも回したので「シラユキ」以降は確保できましたが、夏希さん関連のところだけメモ見て書いてます。構成も無視です。

 渡部さん、お久しぶり。(1年ぶりに聴きました、この番組。ちょっと構成変わったらしい)
 コメンテーターも去年と同じく岡村佳代さん。岡村さんは本当に夏希さんの雪組のファンなんですね~。東京では全公演1回ずつ観ているのだけれど、雪組だけ30回って……。私よりちょっと多いくらいでしょうかね。
 岡村さんが宝塚の魅力について語ってくださる中で、ひとつ情報が。
 小学館の「Oggi」が12月25日発売の2月号で宝塚特集を組むとのことで、昨日が夏希さんの撮影だったそうです。
 その場に居合わせたスタッフがあまりのかっこよさにキャーキャー大騒ぎで、夏希さんもちょっと照れたりと、いつもと違う顔も見せてくれて、とてもいい撮影ができた、ということですので、これも発売日に買います(笑)

 渡部さんは、君愛観に来てくださったのかしら?と思ったけれど、まだ劇場で宝塚を観たことはないそうで……(この放送に当たって今回の公演を観るはずだったが、行けなくなった、ということで)。
 岡村さんが最近は男性客が多いと話していましたが、ホントそうですね。
 渡部さん「四の五の言わずに行けってことですね」
 そうしてください。ただ、東宝の座席は、男が2時間座っていられる広さじゃないとは思いますねー。最近ほかの劇場行ったことないですけど、よそはどうなんでしょう。

 そして、スペシャルコメンテーターのゆみこちゃん、桂ちゃんが終演後にスタジオに駆けつけ、10:45頃?元気に登場。桂ちゃんテンション高っ。
 終演は9:40て言ってましたね。(やはり10分押している……)
 渡部さん「呼んでおいてなんですが、よく来ましたね~」
 本当に本当にお疲れ様です。

 二人が宝塚を受験したきっかけや、男役として気をつけていることなど話してくれました。
 ゆみこちゃんが、ポケットに手を入れるときに、上に掛かるものをきれいに出すか、無造作につっこむか、親指を掛けるか掛けないか、気分によって違うとかって話をしていました。細かい……今度チェックしよう。
 「投げ出したくなったことはないですか?」という質問に、二人とも「ないですね」と答えていたのが印象的でした。「どんなことがあっても、舞台に立っているときは忘れる」と……。
 岡村さんが最初のほうで、ジェンヌさんを見ていて、「ひとつの仕事にそれだけ打ち込めることがうらやましい」と言っていましたけれど、本当にそうだと思います。

 「シラユキ」が流れました!
 フルコーラス(最後のリフレインにトークがかぶってフェイドアウトしたけれど)放送電波に乗ったのは初めてでしょうか?(いまだにスカステをまともに見ていない)
 ちゃんと歌詞が聞き取れる……嬉しい。(そこ?)

 リスナーからの質問「お二人から見た水さんの魅力を教えてください」。
 桂ちゃん「語りきれないですよね」
 ゆみこちゃん「放送枠越えちゃいますね」
 渡部さん「それをコンパクトに」
 ゆみこちゃん「私から言わせていただきますと、なんか、あの……生徒会長みたいというか、すべてのことに目が行き届き、ご自分のこともそうですし、私以下の下級生のことにしても、360度目がついているんじゃないかなと思うくらい。見て、その後の考え方も、『そういう考えを持っていらっしゃるんだ』とびっくりすることも多々あります。舞台に関しては、とても真剣で真摯に務めていらっしゃって、雪組の組子全員がその背中を見ています」
 桂ちゃん「クールビューティという言葉がすごくあてはまる方。私も今回ショーのほうで一緒に踊らせて頂いているんですけれど、見つめられただけでとろっとなってしまいます。お客様は本当にとろとろなさっていると思いますね」
 渡部さん「我々にわかりやすく例えると、師匠、先生なのか、お姉ちゃんなのか、お母さんなのか……」(ええー? 今すっごいわかりやすくなかった? クールビューティな生徒会長なんだよ?笑)
 ゆみこちゃん「お兄ちゃんのようなお姉ちゃんのような……舞台に関しては本当にお兄ちゃんなんですけれど、実のところとても女性らしい方だと思うので、お兄さんお姉さん(笑)」

 最後のまとめで「宝塚とは何か?」との問いに答えて。
 岡村さん「去年『生きるときめき』と言って、渡部さんをドン引きさせましたが」
 渡部さん「引いてませんよー。最高じゃないですか『生きるときめき』」
 岡村さん「今年はもっとシンプルに、『元気薬』」
 うん。私も、なんかそのくらいにとどめておいたほうがいいんだと思います……。
 現役ジェンヌのお二人は、
 桂ちゃん「第二のふるさと」
 ゆみこちゃん「宝塚らしく夢々しく表現すると『世界にひとつしかない夢の花園』。世界にひとつしかない、誇れる場所です」
 とのことでした。


 お茶会のこととかいろいろ考えていたら、ネガティブ・ループにはまっちゃって、何やってんだ私?って感じでしたが、ちょっと元気出ました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。