星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリシア

 夏希さんのお茶会のレポを書こうとして煮詰まってしまったので、「仕事」してみたら気が晴れました。本末転倒もここに極まれり。
 お茶会は、いっぱい笑ったし、楽しかったけれど、それだけでは終わらなくて……いろんな意味で応えました。それで、いろいろ考えてしまって書けないし、そんなことしているうちに忘れていくし……前は自分が書きたいから書いていたのに、私いったい何やってんの。

 「PLATOn」で、心に残る言葉は?という質問に答える前に、ゆみこちゃんが
「毎日水さんとお話ししていて、日々突き刺さる言葉はあるんですけれど……」
と言ったとき、
 「いいなぁ……今度私も誘ってよ」(笑)と思ってしまいましたが……お茶会で話きいただけで、突き刺さった言葉から立ち直るのに3日かかるようじゃ、とても無理だね、太刀打ちできないね。


 これが、お茶会の感想に近いかなあと思うこと。

 私、アリシアになんでこんなに入れ込んでるんだろ、たったあれだけの役にどれだけの意味あるんだろう、と思っていたんだけれど、わかった気がする。アリシアは、私にアテ書きされているんだ。私に……私たちに、と言ってよければ、言わせていただきますが……観客に、というかファンにってこと。こんなふうに思うの私だけかもしれないから、とりあえず「私に」

 どんなに憧れて、近づこうとしたところで、住む世界が違うの。そこには絶対に入っていけないの。けつまずきながら引き下がるしかない。
 彼らが戦いに行くときも、何も知らず見送るしかない。そして店に突っ込んだ車の処理をして、日常の業務を続ける。
 でも、向こうにしてみたら名前も憶えていない大勢の従業員の一人だとしても、彼らが同じ時代を生きてくれたことは、私にとって大きな意味がある。
 私は、彼らが変えてくれた世界で、彼らのいなくなった世界で、その後もずっと生きていく。

 正塚晴彦やっぱ天才だわ。
 (正塚先生にそう言ったら、絶対「は?」って言われそう)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。