星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『カラマーゾフの兄弟1』読了

 なんだこれ、すごい面白い。
 まだ、登場人物が本当はどういう人かわからないし、誰かが誰かをどう思っているのかも本当のところはわからないし、とどのつまりがさっぱりわからないけど、そこが面白い。(アタマ悪い感想ですみません)

 生い立ち聞いただけで逃げ出したくなるような難役ばっかりー。(誰が逃げ出すか!)
 雪組生がどういうふうに演じてみせてくれるのか楽しみだなぁ。すごい人達が出てきそうだなぁ。
 雪組のお芝居ががっつり観られれば嬉しいけれど、サイトー君だとそうはならないのかな。どういうミュージカルになるのか見当もつかない。
 第3編10のグルーシェニカ×カテリーナのバトルに燃えましたね。雪娘の芝居に飢えているのよー。

 ゆみこちゃんがお茶会で、「トークショーまでに5巻読まないといけないんですよ」って言っていたので、夏希さんもみんなもそうなんだろうなと思って、私も読もうと思ったけど、全然無理でした。そうは言っても読むのに掛かった時間は正味7時間くらいです(最近これを買ったので測ってみた)。1頁/1分じゃ遅いかな。
 文体と世界に慣れればどんどん速くなるはずですが、長編にはありがちなことに後ろの巻に行けば行くほど長くなっているらしい……1巻は400ページ、2巻は500ページ、3巻は540ページ。父に「4巻読み終わってたら貸して」と言ったら「700ページもあって全然読み終われない」という返事が返ってきました。

 亀山邦夫さんが楽しそうに訳してるのがいいなあと思って、「NHKカルチャーアワー文学の世界」のテキスト「新訳『カラマーゾフの兄弟』を読む」も買っちゃいましたよ。(10月から放送されてたのは知っていたけれど、それどこじゃなくて聴いてませんでした)

 1巻あとちょっとで終わりだと思って読んでたら、赤坂ACTシアターの先行予約のこと忘れてて、発売開始時間を1時間ばかり過ぎちゃってたりもしたけど、ほぼ希望通りの席が取れたので、結果オーライで(笑)

 メイン以外のキャスト覚え書き。


  • フョードル・カラマーゾフ(ハマコさん)の最初の妻で、ドミートリー(夏希さん)の母親アデライーダが、かぐやちゃん。

  • アデライーダは三歳のドミートリーを置いて家を出る。幼少のドミートリーを演じるのが、ひーこちゃん。

  • 父親からも放っておかれたドミートリーの面倒を見るカラマーゾフ家の下男グリゴーリー(グレゴリー)が紫友みれい君。

  • グレゴリーの妻マルファがゆめみちゃん。

  • カラマーゾフ家の料理人、フョードルの隠し子(?)スメルジャコフ(ひろみちゃん)の母親、「神がかり」の女リザヴェータがリサちゃん。

  •  (回想シーンがあるんですかねえ……)

  • アリョーシャ(アレクセイ)を愛する少女リーズがあゆっち。

  • リーズの母親、若い未亡人のホフラコーワ夫人がちぃちゃん。

  • アリョーシャの友人の神学生、情報通のラキーチンがモーリー君。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。