星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「百年への道」(ライブ中継)夏希さん編

 なんていうか、このイベントのテーマは、上には上が、かな、とか思いましたね。
 95年の伝統は伊達じゃない、というか。
 ヨッちゃん堕ちしそうでしたね、ほんとに。(こんなこと言っていいのか……)。
 トークも舞台写真も、ものすごく素敵でした。戦争で大劇場が閉鎖になる前の公演で、絶対に再開させると誓ったお話とか。菊田一夫先生に脚本が遅いと文句を言って、プロンプさせたとか。二枚目ばかりじゃつまらないと言って、悪役と二役させてもらったとか。洋画を繰り返し見て役の研究されたお話とか(そのころDVDなんかないんですものね……)。かっこよすぎるわ。
 また、進行された初風さんが可愛い~。
 すっかりミーハーしてました。

 では、続きから夏希さん&雪組生のざっくりレポどうぞ。
 ムダに長文注意。曲目もわかんない、衣装も憶えられないで、こういうときほんっと役に立ちませんね。

 幕が開いて、大階段に並ぶトップさん。総スパンの白燕尾。オーソドックスな男役姿の夏希さん、久しぶりと思ってしまいました。こないだはAQUA5だったし、その前は黒塗りと日本物だったし(となみちゃんのサヨナラショーで燕尾姿見たんですけど)……やっぱり落ち着く。夏希さん、上から二番目になっちゃったんだなーとも思ったり……。
 トップさんが歌ってはけたあと、トップ娘役がひとりずつ歌いながら大階段を降りてきました。白のマーメイドドレス。学年順なのでトップバッターは実花ちゃん。うん、可愛い! でも残念、声があんまり出てない……これは緊張するよねえ。でも前に並んだ時は、ちゃんとニッコリして歌ってましたね。
 続いて三番手二番手男役が降りてきます。歌上手い人ばっかりですねーいいですねー……。最後が理事(だったかな?)

 理事とトップが順繰りに自己紹介と口上みたいなのを述べた後、全員の歌劇の表紙が順番にスクリーンに映されて、みんなで。恥ずかしいとか今と全然ちがうとか言いながら見ました。歌劇の表紙はビミョーなのもいっぱいあるから盛り上がりますね(笑) 夏希さんのとこで、急に顔が大きく、いえ、アップになってビックリ!みたいな。(「最近ですね」「変わってないですね」「つまんないですね」で片付けられたれおん君がなんかかわいそうだった)

 夏希さんを残してほかの方は準備のためにはけ、夏希さんのナレーションで「歌劇」の歴史を創刊から戦後の復刊まで振り返ります。とても落ち着いて余裕のある様子でした。手に持った紙もほとんど見てないし。最後に夏希さんの「えと文」のイラスト「寿司アザラシ」もスクリーンに映されまして(笑)、「こんなに大写しにされると大変恥ずかしいですね」「えと文や楽屋日記はネタを集めるのが大変でした」と、穏やかにおっしゃってました。

 戦後の名曲の歌い継ぎ。(TCAスペシャルとかでよく歌われていて、曲は知ってても、タイトルがわかりませんー)
 最初が壮さんと桂ちゃん。二人の並びが懐かしかったなあ。
 ゆみこちゃんは、あいちゃんとアヒちゃんのデュエットダンスをバックに全身白のお衣装で歌いました。いつ聴いてもハートのあるいい声。
 きりやん、ゆうひさんと続き、トップさんの海外ミュージカルコーナーへ。

 星組コンビが「オクラホマ!」、その次が雪組コンビで、宙組コンビが「雨に歌えば」(この作品で踊るウメちゃんが見られて嬉しかったです)、麻子さんがミーマイから「街の灯に寄りかかって」を歌い、あやねサリー、まとぶビルに引き継いで「ミー&マイガール」。これもよかったー。
 で。雪組コンビだけ、演目が何かわかりませんでした、私……。
 夏希さんが薄いブルーかな、ショーで着るようなひらひらしたお衣装で(大雑把にいうと「AQUAの鏡」のみたいなの)銀橋を渡って歌い、回っている盆の上で実花ちゃんとデュエットダンス。実花ちゃんは黄色のサテンにブルーの薄い生地を重ねたお衣装。裸足で踊るようなダンスなのかなと思ったけれど、銀のヒールを履いてました。
 これは生で観たかったですね。ほとんどが離れて踊る振りで、一人ずつしか映らないんだもん。実花ちゃん、ほんのちょっとしか映らなかったですね。でもきれいだった、二人。実花ちゃんは踊っててくれたほうが安心して観ていられるし(誰かに昔同じこと思ったなあっと)。セリ下がってくときの表情で役に入ってるなあと思えてよかったです。

 第一部の最後は黒燕尾の大階段群舞で、「ベルサイユのばら2001」から「オマージュ」。
 やっぱ夏希さんは黒燕尾が最高でしょ!


 第ニ部は、OGの舞台の後、トップさん一人ずつ歌ったのですが(タニちゃんとウメちゃんは第一部で東京に帰ったんですよね?お疲れ様です)、夏希さんは「愛の宝石」。これが、ひらひらふわふわの、どピンクのお衣装でした。胸元に七色のラインストーンがちりばめられていて、首に大きな赤い石の入ったネックレスしてましたね。お衣装、曲に合わせたんだとは思いますけれど……赤ならよかったのに。
 夏希さんの歌はとてもよかったと思うのですが、衣装は気になるし、頭の反対側をマリコちゃん(麻路さきさん)の歌う「愛の宝石」が鮮明に流れていくしで、集中できませんでした。マリコちゃん赤い衣装だったよなーとか。
 ああ音声だけもっかい聴きたいなー。
 その前にまとぶさんが「望郷の琵琶歌」を歌ったんですよね。それでなんかタイムトリップのスイッチが入ってしまいましたね。「望郷の琵琶歌」も「愛の宝石」も元はもっと古い作品のナンバーだけれど、私は自分が最初にきいた星組公演で刷り込まれているから、「望郷の琵琶歌」は「若き日の唄は忘れじ」の曲だし、「愛の宝石」は「ジーザス・ディアマンテ」の曲。聴く人によってはきっと違ってきこえるんだろうなーと思いました。(でも夏希さんも「愛の宝石」を最初に聴いたのはマリコちゃんの歌でなんじゃないのかな、と思ったりもします)

 ラストはすみれの花束のシャンシャンを持って黒燕尾でパレード。娘役さんのドレスはピンク、かな?紫?(エトワールの初風さんが紫のドレスだったのははっきり憶えているのですが)
 なんかね、こういうイベントのアンコールには「この愛よ永遠に-TAKARAZUKA FOREVER-」を歌ってほしいなぁ、と思ってしまいましたが、アンコールは理事の短いご挨拶だけで。(で、終了して時計見てビックリ! 確かに歌ってる場合じゃない)

 構成は、三木章雄先生でした。素晴らしい時間をありがとうございました。
 私これからしばらく劇場行けないと思うので……本当に行ってよかったなと思います。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。