星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪組東京公演千秋楽@タカラヅカニュース

 お芝居のほうは、思ってたほどアドリブ流してくれなかったなあ、と。
 誰かが何かやって、それを受けて、更に展開して……みたいな流れのあるアドリブが多かったから、短く切るのが難しかったのかも。
 まゆみさんのアドリブは、最後のガリナに声掛けたとこにしてほしかった(流れたといえば流れましたが)。ロシア式挨拶はムラのときも流れたましたよね? 見た覚えあるもの。
 ショーのほうは署長特集(笑)

 ご挨拶はほぼ全て流れたのではないかと……その頃には実はかなり疲れていて、ああ夏希さんがすごいいいこと言ってるけどもう記憶できない……と思ってたので、ちょっとあやしいですが……。(「インパクト」とか「リプレイ」とかカタカナだけ鮮明に記憶してました)
 ちぃちゃんが、「もう一度生まれ変わったら、やっぱり宝塚に入りたい」と言うのを聴いて、シメさんと同じこと言ってるなあ、ちぃちゃんは本当に宝塚を愛していたんだなあと思ったのを思い出しました。
 ちぃちゃんの髪、大階段を降りてきた時はアップではなく男役さんのリーゼントのような髪型で、そんなに短かったの?とびっくりしたのに、出の時は肩上のボブになっていて、どうなっているのか不思議だったんですけれど、映像で見たら、後ろになでつけられた髪が襟くらいまでありますね。固めてたんだ。

正確な呪文と夏希さんのご挨拶は続きに。
(ここのレポ、毎回こんくらいは違ってたんだろうなーと思ってください)
(長いです)(このブログじゃ挨拶程度よ)(以前ならね)

 
アルバート「ヘンリー・スペンサー殿。あなたは、私の広範囲にわたる呪文、および、無謀な丸投げの呪文を、よくぞ一カ月受け止めてくれました。これを称え、ここに賞します」
 巻物をまるめ、胸ポケットから勲章を取り出す。
 ヘンリー、「うわあ」と驚きの声。
アルバート、勲章を客席に見せてからヘンリーの上着の左胸につける。
ヘンリー「なんてことでしょう。ありがとうございます」
 二人、握手。
アルバート「おつかれ!」
ヘンリー「(アルバートの手を両手で取り)ありがとうございます」
アルバート、ヘンリーに巻物をわたす。
ヘンリー「(受け取って)はい。……といいたいところですがー(巻物の端をめくって見ながら)もうひとつ呪文が……」
アルバート「ちょ……(脱力)」
 アルバート、気を取り直して神妙にヘンリーが呪文を読み上げるの待つ。
ヘンリー「ん? 『アルバート様のメイド姿が見てみたい』?」
アルバート「はあ!?(笑い崩れる)」
 (何十秒かカット)
ヘンリー「(「ちょっと~」とメイド・カチューシャを外そうとするアルバートの腕を押さえ)ちょっと~じゃないです」
 そこへロビンが。
ロビン「お兄様~」
ヘンリー「はい」
ロビン「お兄様」
ヘンリー「はい(アルバートの肩を押さえつけるのに一生懸命)」
ロビン「(その隙に、ヘンリーの頭にメイド・カチューシャをつける)お兄様もだよ♪」
ヘンリー「あ、こら!」
 抵抗するのをやめて、笑ってヘンリーを眺めるアルバート。
ヘンリー「ここまでやれとは言ってないよ!」

 放送されたのはここまででした。
 この一カ月の縮図を見るようで、何度見ても面白いわー。(リプレイしまくり)




 夏希さんのご挨拶。
「皆様、本日は雪組東京公演の千秋楽をご観劇くださいまして、誠にありがとうございました。一カ月公演になり、めまぐるしく次々と新しい作品がやってくる最近の宝塚ではございますけれども、中でもとりわけインパクトを与えることができたのではないかと、今回の二作品、確信致しております。(客席拍手)ありがとうございます。そんな、楽しく作品を作ってきた仲間が五人も卒業してしまうのは大変悲しいことではございますけれども、いつも千秋楽に思うことは、別れを悲しむのではなく、こんなに大勢世の中にいる人の中で、出会えた喜びを、あらためて幸せに思いたいなと、いつも感じます。そして、五人の仲間とは、このインパクトの残る作品を永遠に語り合える仲間でいたいと、そして、この作品をご覧になった皆様全員、その語り合う仲間でございます。これからもこうやって、皆様とともに語り合えるような、そんな作品を作って参りたいと思います。ぜひまた、観にいらしてください。本日は本当にありがとうございました」

 この二作品の何がインパクトかって、日替わりアドリブだとか、客席参加型だとかってこともあるけれど、二作品ともが、必ずやってくる別れの中で、出会えた喜びを歌い上げるものだった、ということだと思いました。(君愛とミロワールよりももっと、二つで一つの作品だと思っていたから、全ツでまた片羽根もがれたショーだけを観るのがとてもつらいだろうと思う)。語り合える仲間に入れてもらうのに間に合って本当によかった。
 そして、大好きな「この愛よ永遠に~TAKARAZUKA FOREVER」を一緒に歌いました。(いいよね? 客席参加型だもん)
 いったん幕。

 カーテンコール1回目。
「舞台というものは、テレビや映画と違って、リプレイ──再生することができません。でも、こうして、舞台の空間で感じたことは、考えたこと、教えられたことよりも、肌で感じたこと、心で思ったこと、伝わってきたもの、だからこそ信じられる、と思っています。そんな信じられる舞台を、信じていただける舞台を、これからも、心をこめて、続けて行きたいと思いますので、またぜひ、私たちの心を感じに来ていただきたいと思います。本日は本当にありがとうございました!」

 カーテンコール2回目。
 1階席は既にスタンディング・オベーションになっていたようですが、2階席はセンターブロックだけ? 上手側はまだ立ちませんでした。
「ありがとうございます! ポンポン振っていただいていいですかねー。ありがとうございまーす。ワシュワシュワシュ……みたいな感じでね……(見渡して)いやーすごい光景ですね、(退団者に)皆さん、ねえ? なかなかないですよ、宝塚でこういう光景。ありがとうございますアハハ。
 キラキラ光って……(1階前方に)あ、2階のほう見上げていらっしゃる……じゃ、2階席の方から行きますんで、1階席の方、あ、ちょっと後ろのほう見えないですけれども。行きますよ。
 2階席の皆さん! イエーイ!(両手を振って)おおーすごいすごいすごい!  はい、1階席行きますよ。
 1階席の皆さーん! すごい! チアリーダーみたいです、皆さん! ありがとうございます。
 こんなこと宝塚で今後あるのかないのかわかりませんけれども、全国ツアーではございますので、ぜひぜひそちらで振っていただきたいな、と……」
「じゃ、ちょっと、一言だけ、退団者に向けてお話させていただいていいですかね。あの、すいません」
「まず、あませくん。このヘアスタイルにはびっくりしました! はい、あの、途中でバッサリ髪を切って、『あ、切っちゃったんだ』と思ってたら、こういうことだったんだな!千秋楽に。ちょっと男役を髣髴させるような……。でも男役の時も……娘役に変わって第一作目で芝居組ませていただきましたが、今となってはね、もうコメディでもシリアスでも何でもできる娘役に成長して……。すごくさびしいですけれども、これからも、あませらしく、あ、ちぃらしく、第二の人生を歩いて行ってください。ありがとうございます」
「そして、かぐや。かぐやはですね、私、個人的にちょっと旅行したことあるんですけれども、24時間どこを切っても女の子なんです。一応私もそうなんですけど(客席笑)でも、ほんとに、『あ! 女性ってこうでなくては!(メモメモ)』みたいな、とっても素敵な娘役さんで、これからも更に更に素敵な女性になっていただきたいです。また来てください。ありがとうございます」
「そしてゴマちゃん。ゴマちゃんはですね、私、雪組に組替えしてから初めての仕事が赤十字のイベントだったんですけれども、その時にね、一緒でね、あの、次が赤十字なので一緒に出られなくて残念なんですけれども、その時のTシャツをぜひ着て、観に来てください。ありがとうございます」
「そして、すずめちゃん。すずめちゃんはですねー、とってもおとなしくて、あの、お稽古場最後?ちがう、お稽古最後の日にご飯食べに行ったんですけれども、そこでもすごくおとなしいんです。でも、男役の踊りになるとバリッバリッって感じで、私はすずめちゃんの男役の踊りがほんと大好きで、残念、だな。どこかでまた見せていただきたいと、思いま……まあねーちょっとあれですけど、男役最後ってさっき言ってたから、残念だ、と思ってたんですけど、これからもすずめちゃんらしく、まったりと、素敵な人生を歩んでください。おめでとうございます」
「そして、モーリー。モーリーはもちろん、ご存じの通り、『エリザベート』の子ルドルフで最初にすごくわたくしの中でインパクトが強いんですけれども、あのー、お稽古場で、ですね、ベルばらのときに……研一か研二だったんだよね? その時に、オスカルの、お稽古にいらっしゃらなかった朝海さんの代役をやってほしいって言ったときに、すごい最下級生なのにバリバリ『私に勝てる奴はいるのか!』とかって、すごい……あの、セリフを読んでくれたのがすごく印象に残っていて、頼もしい男役になるな、と思っていたのでとても残念ですけれどもね、また、遊びに行きましょう。おめでとうございます」
「すみません、皆さん、立ったままお聴きいただきまして……。というわけでですね、これからは皆さん、そちらの世界の方になりますので、ぜひぜひ、また、一緒に、必ず雪組を観に来て……あ、雪組じゃなくてもいいです、必ず宝塚を観に来ていただきたいと思います。本当にありがとうございました」

 カーテンコール3回目。
 最後は2階も総立ちになりました。
 幕が開くと、舞台上には夏希さんと退団者のみ。すぐにみんなを呼ぶ夏希さん。
「本当に一カ月間、皆さんの熱気に後押しされて、毎日、楽しく、熱く、過ごすことができました。本当にありがとうございます。この後、三つに分かれます。覚えていらっしゃいますね?(指で1、2、3と示しながら)全国ツアー、ディナーショー、バウホール、よろしくお願い致します。お待ちしております。
 あ、そして、最後になりましたが、専科の皆様、本当に、あの(客席笑)もうねー、すいません!最後になっちゃって。もう、ほんとに専科の皆様が一番元気なんですよ。本当に私たち勇気づけられて、引っ張っていただきました。ありがとうございました。またぜひ雪組にいらしてください。お待ちしています。
 それでは皆さん! また会える日を心よりお待ち申し上げております。本日は本当にありがとうございました!」

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。