星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タカラヅカスペシャル2009ライブ中継(六本木・12時の部)

 行ってよかったです。話だけ聞いてたら、私もっと笑ったり泣いたりするだろうと思っていたけれど、全然違いました。
 とにかく第一部は音響がひどすぎ! 中継でこんなにひどかったの初めて。だんだん調整できてきたかと思えば、雪組のとこで音が割れるし、お陰様で泣くどころじゃありませんでした。
 第二部は音響は大分よくなったけれど……私は今まともに宝塚を観られる状態じゃないんだってことがよくわかりました。

 開演前の劇場の映像見ながら、あんな緞帳見たことない……って考えていて、そこが梅芸だってことを思い出すのにかなりかかりました(頭働いてない)。
 大階段も銀橋もないとこで組合同イベントやるの、さびしいですねえ……。

(長いです。徹夜しちゃったから)


【第一部】
 幕開きは音の悪さしか憶えてない……無線か?ぐらいのくぐもった音。
 最初にゆみこちゃんが歌ったとき、ひどく音が割れた。
 ずっとこうだったらどうしよう、なんで六本木にしちゃったんだろうと、うろたえてたら収まってきたけれども。(日劇も同じだったそうで)

 トップのMC。今年一年を振り返るコーナー。
 インフルエンザの話になり、雪組だけが一人も罹らず乗り切ったと夏希さん胸張っていたけれど、いいのかな。
 あぶないのはこれからじゃないの? 私なんか植田紳爾先生の脚本だと考えただけで免疫力低下しちゃうね。
 それでも笑顔でいられるのならよいのですが。
 今年いろいろあったなかで、一番印象に残っているのは、「イシさんとご一緒できたこと」って下級生モードにもほどがあると……それも夏希さんらしいか。(あ、うん、夏希さんは本当にそう思っているのかもしれないわ)

 パロディコーナー。
 ……って先にMCで言わないほうがいいんじゃ……いや知ってたけど。

 雪組。
 「外伝ベルばらアンドレ編」にゾロが乱入。
 ゆみこちゃんのアンドレの扮装、見たことないはず……ない、よね? なのに、この見慣れた感はなんだ? やっぱりでしょ? ゆみこちゃんはアンドレが一番似合うでしょ? 方言なんぞ全然気にならないわ(←笑うとこだって理解できない人)。セリフを方言で言い換える遊び、昔ベルばらのファンクラブの会誌でやってたなー。
 桂ちゃんのオスカル。どーしたのその鬘、なんでそんなにウエーブのびてんの? それはともかく、切り返しの鋭さはさすがです。
 実花ちゃん(誰?笑)。方言のセリフ可愛いよう。ふつうに可愛い役より断然可愛いのはなぜだ。タイミングの読み方が見事。
 夏希さんは、ゾロで客席から登場したのはよかったですが。
 作演だーれー? 
 夏希さんにあんなオチやらせちゃだめでしょ。凍えるようなオヤジギャグ、サイアクだよ。
 で、ゆみこちゃんのツッコミ。甘い。もう。夏希さんに甘いんだから!(映像がナイスなアングルでした)
 ゾロが自分でビバゾロを歌わなきゃならないのはちょっと悲しい。

 星組。
 「太王四神記」の扮装で豪華!
 はややのコ将軍も、まりもちゃんのカクダンも、すずみんの大長老もみんないて懐かしい~。
 トップさんの頭をメガホンでぶんなぐるヨンホゲ・テル君。立派に星組生になって……(私は星組をなんだと思っているのか)
 オチがついたのかなんだかわからないまま、終わる。こういうの好きさ~。

 宙組。
 「大江山花伝」の茨木が被告で「逆転裁判」、その扮装のまま「カサブランカ」。よくできてる~。
 「大江山花伝」も「逆転裁判」も観られなかったから、嬉しかった。
 ののすみちゃんの藤子、見せますねえ。
 フェニックス・ライトの髪で「私はラズロです」と言い放つ、らんとむ君にみょーにウケた。

 結局、花組さんの分まで頑張った雪組が一番微妙だった……(涙)

 えーと、あとなんだっけ。私って芝居しか憶えてないのね……。
 そうそう、この後イシちゃんが客席から登場して「キッチュ」。初代ルキーニ! ちょっと興奮しました。

 今年の演目で各組トップコンビのデュエット。
 雪組は赤系のお衣装で、振りがついた「別れの言葉」。
 なんだか違う歌みたいね。
 ……っていうか、コーラスが入って盛り上がるところで音が割れてて、どうもこうもない。

 第一部のラストは、全員でランベスウォーク。
 トップの歌い継ぎ。誰もビルに見えないけど、楽しいからいっか。
 ゆみこちゃん楽しそうだった。


【第二部】
 音響が改善されていて、ほっとした。
 第二部は、宝塚95年の名曲が歌い継いで行かれる。選曲が素晴らしかった。懐かしい曲、私の好きな曲ばかり。
 なのに……だんだん聴いているのがつらくなってくる。
 歌われている世界と現実のギャップに心がこわばってくる。
 いつもだったらちょっと聴いただけで泣くような歌を聴いても、涙なんて出ない。

 ゆみこちゃんの「セ・シャルマン」をたっぷり聴かせてもらえてよかった。
 夏希さんの「夢人」は、丁寧に気持ちをこめて歌ってて……そして、元気出さなくていい歌でよかったなどと考えていた。
 「心の翼」の歌詞にも、翼のように挙げられた腕にも、何も感じない。
 私、おかしいよ。

 最後にトップ4人が舞台に残り、イシちゃんが、今歌われた、ナツメさんのナンバーを紹介。
 わずかな時間でも、公の場でナツメさんに黙祷を捧げることができて、よかったと思います。

 気分を変えて、抽選会。
 この4人のMCはどうにも盛り上がらないけれど(あんまり接点ないから?)、ちょっといい感じになってきた。
 賞品説明で「星組の」だか「星組が」だか言い直したチエちゃんをいぢめる。
 夏希さん&ゆうひさん「しれーっとしてるねー」
 イシちゃん「(今日は)てにをは、か」
 クリスマスカードのプレゼントは夏希さんのでしたが、ちゃんと映りませんでした。水色に雪の絵の可愛い感じの?

 フィナーレ。
 黒燕尾のボレロで、男役の三角形の頂点に立つゆみこちゃん。
 今日いちばんの衝撃。
 今日初めて泣けた。
 黒燕尾にキラキラの飾りは要らないの。踊り手が素晴らしければなおのこと。
 なんで。
 なんで、この夢が潰されなければならなかったの。
 なんで。

 パレード、みんな笑ってたんだと思う。FOREVER TAKARAZUKA歌いましたね? 何だか憶えてないんだけれど。
 ミロワールのシャンシャンでしたね……。


 夏希さんが「ローソンチケット」で、次回公演は「心が震える、胸が熱くなる、そんな公演にしたいと思っています」と言ってたでしょう? こんな、感情がまともに動かない状態で、雪組公演は観られない。
 とにかく今年の観劇は終わりました。次に宝塚を観るのは早くても3月です。その頃にはどうなっているでしょうか。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。