星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンコール!宝塚・スターの小部屋#84

 気分を変えて、シメさんがゲストで「アンコール×02」に登場した「アンコール!宝塚・スターの小部屋」を見ました。(放送されたの先月の上旬だよ)
 スカステオリジナルの「アンコール×02」の部分は本編とはなんの関係もないのが不思議(笑)

 ミナコちゃん(ナビゲーターの真織由季さん)がゲストを紹介している時から、もう見るからに嬉しそうで、それ見てるだけでも嬉しくなりました。
 シメさん登場! で、キャーーーッと抱き合う二人。めっっちゃテンション高い。
 キャーキャー言ってて終わっちゃいそうですね、と言ってましたが、ほんとにそんな感じでした。

 
 最初は去年のバウ・リサイタルのお話。
 客席で泣いたというミナコちゃんの言葉にいちいち同意。
 「またコンサートやってくださるんでしょう?」
 やっぱりそう言うよねー。
 「とんでもございません。その予定はございません」とシメさん、(あら、だんだんキッパリしてきちゃったわ)
 「15年後くらいに」
 「無理無理無理」

 それから、ミナコちゃんも出演していた、シメさんの卒業前のリサイタル「Shion」の映像を見ながらのトーク。
 インタビュー映像を見て、シメさんは「自分じゃないみたい」と言っていましたが、15年前のシメさんは、「このリサイタルでみんなに幸せにしてもらいました」と今と同じことを言っていて……。でも今のシメさんは「今のほうが綺麗!」と昔の化粧や髪型についてあれこれ(笑) 「疲れた顔してるわ(笑)気の毒に」とも言ってましたね。「……大変なのが当たり前だったもんね」と。
 でもって、舞台映像を見て「紫苑ゆう! 綺麗綺麗」と盛り上がる。「自分で言わな。自分でハッパかけなあかんねん。タカラジェンヌよう聞いときや」。(ジェンヌでなくても一緒かも)
 そして稽古場映像で二人とも一層テンションあがってすんごいことに。「懐かしいー!」「変わってない」「もう一回やりたい~」「ジュンコが」「わたるが」「牛~!!」「あたしの金のMOSCHINO!」(だんだんわかる人にしかわからなくなってく)、あの時ああだったとか、だれそれが今どうしてるとか……「ほんと最高だった」。
 見終わった後、放心状態になるシメさん。「あの時代があるから今の自分たちがあるんだよね。明日からまた頑張れるわ」
 ほんとに、めったに見られないものを見せていただき、私も元気出ました。
 (シメファン以外の人はこれ見て面白いんだろうか?ともちょっと思ってしまいましたけれど。究極の内輪うけ。でも、宝塚ってそうやって楽しむもんよね)

 最後にまた去年のリサイタルの話に戻り、ミナコちゃんが「何の飾りもないシンプルな黒燕尾」のことに触れてくれました。やはりシメさんは「飾りなしの燕尾」というところにこだわっていたそうで、「男役の真骨頂」だと言ってました。(雪組の黒燕尾も楽しみです)
 映像もチラッと流れました。スカステで放送あるってことですよね。待ち遠しいですね。


 「私、辞めてから一層好きになっちゃって、宝塚が」というミナコちゃんが、音楽学校生に「演技とかは勿論なんだけど、一番大事なのは宝塚を愛することなんだよ」と教えているというシメさんに、「それがいるときにはわからないんですよね、愛しているつもりなんですけど」と言っていたのが印象に残りました。


 「LOCK ON!スター徹底検証チエちゃん」はいつ見ましょうかね……。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。