星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マントヴァってどこ?

 もうほんとにやめるつもりだったんですけど……。

「ソルフェリーノの夜明け」では、カスティリオーネという地名は出てきませんが、舞台はカスティリオーネ郊外だと仮定します。
 だとすると……カスティリオーネから負傷兵を移送するのになんでソルフェリーノを通らなくちゃなんないの?
 ここで、私は移送先の「マントヴァ」を「ブレシャ」と頭の中で勝手に置き換えて脚本を読んでいたことに気がつきました。
 フランス・イタリア連合軍の負傷者と捕虜は、ソルフェリーノ北西のカスティリオーネにまず運ばれ、そこから更に北西の大きな町であるブレシャに移送されました。デュナンもブレシャを訪れており、『ソルフェリーノの記念』にブレシャの救護活動について書いています。
 じゃ、マントヴァってどこ?
 (知りたい方だけ続きどうぞ)

 
 地図で見ると、ソルフェリーノをはさんでブレシャとまるっきり反対側にあります。ソルフェリーノの南のちょっと東より。

 白状しますと、『ソルフェリーノの記念』の第一部のソルフェリーノ戦の解説部分て、地理がよくわからないのをそのままにして流し読みしてたんですよね、私。
 世界史地図と突き合わせながら読み直しちゃったよ、ちくしょう。
 おかげさまで、よーやっと両軍の位置関係が頭に入りました。

 オーストリア軍(敵)は、第2場でポルリノ参謀長がとってもわかりにくく説明してくれてるように、フランス・イタリア連合軍(味方)に追われて、西から東へ退却を続けていました。ソルフェリーノ戦の前には、ソルフェリーノの東南に陣取っています(マントヴァには大軍を置いていたそうです)。そして、北西から迫る連合軍をソルフェリーノで迎え撃ちます。

 ソルフェリーノ戦の負傷兵の主な輸送ルートは、
 連合軍が北西方向へ
  ミラノ←ブレシャ←カスティリオーネ←ソルフェリーノ

 オーストリア軍が東方向へ
  ソルフェリーノ→ヴァレッジョ→ヴィラフランカ→ヴェローナ
 でした。

 で。
 マントヴァはソルフェリーノ戦の後もまだオーストリア軍の支配下にあるようなんですよね。
 『ソルフェリーノの記念』にこういう記述がありました。

 ヴェローナやマントヴァから戻ってきた数名のイタリア兵の報告によれば、オーストリア軍は負傷したフランス・サルディニア軍の兵士達の看護をすることなく死なせてしまったということである。


 そんなとこにアンリエットが行ったら、エクトール先生、そりゃ心配するわ。
 戦場突っ切るどころか、敵陣に突っ込んでいくようなものじゃない。(ありえない)
 イタリアの地理にうといデュナン君の提案に耳を貸してはいけません、先生。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。