星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソルフェリーノで好きな場面

 別にフォローするつもりはないけれど。
 今週みたいなことばっか書いているとそれはそれで自分がイヤになるので。
 (前に、ムラの初日辺りに観に行って3週間くらいするとフラストレーションがたまってくるってのがありましたけど、行かなくても同じだな、と思ったりします。八つ当たりみたいなもんです)

 なんかもう、あと3日だっていうのに、こんなことやってる場合なのかね?と思うけれど、どうにも実感がないのです。
 車の中で、Water Ringを繰り返し繰り返し聴いています。

 
 きのう、そんな提案には耳を貸すなと言ったけど、第13場で、デュナンが何か言い出そうとしたときに、ちゃんと話を聞いてくれるエクトール先生が好きだな。
 補給路を使って後方に負傷者を送るのではなく、反対方向に行こうという提案も、アンリー・デュナンという人が、常識的に考えたら不可能だと思われることを「できない」と思わないでやってしまう人だということを表現していると思えば……。(実際には、この地域の荷車は、オーストリア軍が通ったときに徴発されてしまったので全然足りなくて、ブレシャ方面から補給物資を運んできた荷車が帰りに負傷者を運んでいたらしい)
 そういう普通では考えられない案を真剣に検討することによって、アンリエットが重要な思いつきを得るところも好き。
 なので、第13場は、実は結構好きです。

 「(オズオズと)」ってのは、ニュアンス違うんじゃないかと思うけど。(ポポリーノ君と同じト書きなのがちょっと笑える)
 「どうして運ぼうというのだね?」は「どうやって」にしたほうがわかりやすいと思うけども。

 そういえば、植田先生の大好きな「少しも早く」って別に変な日本語というわけじゃなかったのね。
 辞書で「少しも」を引いたら「少しでも」という意味がちゃんと載ってた。大辞泉も広辞苑も用例が徒然草だけどさ。
 「鰯の頭も信心からだもの」は、その楓の葉がお守りになると言っているのか、ならないと言っているのか、私にはわかりません。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。