星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーン版エリザベート コンサート・ヴァージョン(2/3)

 1幕の場面別感想です。

■プロローグ
 マテさんてこんな声なんだ~と思って聴いていました。いろんな色の声が出せそうな感じ……。トートが普通に歩いているのに違和感を感じてしまいました(夏希さんのトートに毒されすぎだって)。

■第1場
 少女時代のシシィは、自由になりたい、と思っているのがとても強く感じられました。宝塚版より大人びた感じ。

■第2場
 綱から落ちたシシィをトートが抱きかかえてきて、家族の間に降ろして去ろうとすると、シシィが「どうして行ってしまうの?」と言うのですが、トートがシシィに恋しているというより、シシィのほうがトート(死)に憧れているようでした。あんな眼で見られたらトートだって恋に落ちるわ……と思って……ここで「愛と死の輪舞」がないことに、すごいがっかりしてしまいました(笑)
 (マテさんの「愛と死の輪舞」聴いてみたいよねえ……と思ったのがこの日マテさんを観た最後になりました)。

■第3場
 宮廷の謁見の間。
 ウィーン版ゾフィーもそんなやたらと冷酷そうには見えなくて、理知的な感じ。ゾフィーの歌は、ドイツ語の強い音のほうが合うなと思って聴いていました。日本語だと「冷静に」「冷酷に」っていうところ、流れるような音になっちゃうから。

■第4場
 バートイシュル。
 衣装は全体通して、色が抑えめで重厚感があるなと思って見てました(宮廷の人々衣装についている蔓草のような模様は、妙に直線的でそこだけが緑に光っていて葉が下向きで不気味)。ここのヘレネのドレスなんてかなり地味。フランツがシシィにダンスを申し込んだ後で、頭で考えた通りに物事は運ばない、とルキーニが揶揄するところで、ヘレネが3年間花嫁修業頑張ったのに……って泣くのが、可愛くてかわいそうでした。(貧乏くじを引かされる長女びいきな私)

■第5場 
 フランツのプロポーズ。
 シシィの意志がすごくはっきりしているようにみえました。ここはフランツが「宮廷での生活はつらいけど大丈夫?」と心配しているなのに、シシィは「あなたを愛しているから、あなたがいれば大丈夫」ときっぱり。


 多分ここだったと思うんですけれど、黒い服の男の人が二人舞台上に出てきて、一人の人がドイツ語で話し始めました。字幕も出ないし、衣装じゃないみたいだし、何だろう? と思いましたら、もう一人の人の通訳で、マテ・カマラスさんが足をくじいたので、トート役を交替して舞台を続行するということが告げられました。


■第6場~第7場
 動揺して結婚式の場の記憶がとんでます……トートはどこから出てくるんでしたっけ。
 結婚式の場面「不幸の始まり」の歌詞がずいぶん宝塚版と違うなと思った憶えはあるんですけど。
 トート役のマルティンさんが登場したとき、背格好がマテさんとそっくり、髪型もそっくりでぱっと見は交替したことがわからないくらいだと思いました。きっと役者の層が厚いから、歌える人で体格まで似ている役者さんを選べるんだな~と思ったのですが、声は似てませんでした。甘い声でどちらかというと引っ張り気味に歌う方で(むしろ夏希さんの歌い方に似てると思った。はい、私の耳はおかしいです)、「最後のダンス」はあまりロック調ではなくて、ちょっと残念でした。
 (マルティンさんはプログラムの写真だと髪が短いので、多分、夏希さんたちがウィーンでお稽古訪問したときにトートを演っていた方ですね。ドイツ版ではルドルフ、トート、ルキーニをやっていらっしゃる方で、ああ、ルドルフのほうがいいかも……と思います)
 シシィはどうだったっけ……少なくとも怯えているようには見えませんでした。「お前は俺に背を向けた でもそれは見せかけだけ」(日本語詞だと「二人の愛は見せかけ」)という歌詞がありましたが、実際にそんな感じでした。

■第8場
 結婚式翌朝の場面。
 ウィーン版のゾフィーはどうなんだろう? と思って興味を持っていたのですが、やっぱり正しいと信じたことをしているという感じで意地悪には見えなかったです。っていうか……ゾフィーがどうとかに関わらず、シシィの抵抗がものすごい。「歯を見せなさい」って言われて「私は馬じゃない!」とかって、ものすごく屈辱的なことを言われたように抵抗しますし、ずっと逃げ回っている。女官達に止められては逃げるというのを繰り返し、その時に白いドレスの裾が翻るのが、本当に鳥かごの中の鳥が外に出ようとして羽ばたいているように見え、その後の、空に飛び立つような「私だけに」は圧巻でした。
 母に従うべきだと言うフランツの態度は、自分なりの意志がある感じでした。

■第9場
 シシィの結婚生活が語られる場面。
 雪組版を見たとき、ゾフィーから取り返した二人の娘はどうなったんだろうと思いましたが、ウィーン版では、シシィが体の弱い娘を無理にハンガリーに同行させたため、長女は病気になり、トートに連れて行かれてしまいます。どこまでもシシィを追いつめるようになっているのですね。

■第10場
 ウィーンのカフェの場面。
 実際にウィーンの男の人が演じているのと、衣装が黒っぽくシックな感じなのとで、宝塚版とは印象がかなり違います。ウィーンのカフェってこんなかなあって感じで、楽しかったです。

■第11場
 宝塚版にはない、ゾフィーがシシィがルドルフに会うことを禁止する場面(東宝版にはあるらしいです)。
 次の場面でルドルフの話が出てくる唐突感がなくなるのと、ゾフィーの考えがよくわかります。

■第12場
 シシィがフランツに最後通告を突きつける場面。
 ウィーン版のフランツもやはりシシィを愛しているのがよく伝わってきてよかったです。印象的だったのが、シシィが手紙をフランツに直接手渡さずに女官に持っていかせること。それと、トートに誘惑されて、日本語詞では「いやよ 逃げないわ」と言うところが、「私は生きたいの!」となっていて、アクティブだなあと思ったこと。

■第13場
 「ミルク」の場面ですが、ここはトートは出てこないんですね。ルキーニが中心になって歌います。ミルクの缶を床に叩きつけながら踊るのが面白かったです。ルキーニすごくかっこよかったですよ。ルキーニかっこいいーと思いながら、そうそう、夏希さんもここかっこよかったー、と思ってました(笑)
 夏希さんのトートで、前場から「ミルク」へのトートの気持ちの流れが初めてわかった、と思いましたが、それもそのはず、元々そんなものは無かったんだ。夏希さんの解釈で新しく付け加えたんでしょうか。

■第14場
 女官達が人形のような動きをするのが面白かったです。シシィの美容法も字幕だとすっごい詳しい(笑)
 白いドレスのシシィが肖像画と同じポーズで額縁におさまります。フランツ、シシィ、トートの3人の歌が美しいです。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。