星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪組東京公演「エリザベート」【5回目】

2007/07/21 11:00【となみ会総見】2階上手ブロック

 席は初日よりちょっと後ろの上手寄り。久々に閣下の登場から見られました。
 斜め左を向いたときの顔の輪郭と髪の流れ具合がすごく好き。鬘は、正面から見ると、のびてまっすぐになってきたなぁと思うのですけれど、横を向くと、ウエーブして肩に掛かっているのがわかります。
 メイクは、目尻がつり上がっていて、ムラの後半のメイクに近い感じかな?と思いました。唇はピンクっぽかったけれど、全体にラメがキラキラしてました(席の位置によってそう見えるのかも)。メイクはきつい顔に見えるのだけれど、冥界の場面の「心に芽生えたこの想い」でうっとりと幸せそうだったり、一幕ラストの「お前に命許したために生きる意味を見つけてしまった」で、なんだか後悔しているようだったり、人の感情が素直に顔に出てくるのが印象に残りました。葬儀の場面では、「死は逃げ場ではない!」が怒っているようだったのに、その後の「愛と死の輪舞」の歌い出しは、ひどく傷ついたようで、壁に手を這わせて顔を上げたそのときに、目の下についたラメが涙が光ってるように見えました。ほかの場面でもずっと目の下のラメは光っているのに、その場面だけそういうふうに見えるというのが、計算して演っていることなのかなあと不思議でした。

 今日はシシィに意識を合わせて観るようにしてみたのですが、1幕は話の流れに沿って観ていけて、最後の鏡の間の勝利の瞬間で高揚感があるのですけれど、2幕で話が飛び飛びになるのにどうもついていけなくて、ルドルフに視点が移ってしまいます。運動の間だとか、病院のところでシシィに感情移入するのがとても難しく、ルドルフの葬儀の場~夜のボート~ラストシーンで、なんとなくシシィに視点を戻せて、なんかわかったような気に……なって観ているという感じでした。
 でも、今日のとなみちゃんは、強さやいろいろな感情をどんどん出していてよかったと思いました。歌も素晴らしかったです。先週みたとき、シシィがトートとフランツに比べるとちょっとかすんでしまう感じがするなあと思っていたのですが、今日は場を動かしていく力が強く出ていたと思います。
 「私だけに」がドラマチックでとてもよかったです。

 シシィ視点で観ていると、居室の場面で、誘惑するトートがちょっとカンに触って、あ、これはなんか初めての感覚だなあと思いました(笑)トートの誘惑は抵抗しがたくて、となみちゃんもどこかで言っていたように、引き込まれそうになるのだけれど、一生懸命戦っているのに、最後の勝負に出たところだっていうのに、なんで死のうなんて言うのよ、と反発したくもなります。シシィが「出てって!」言ったときは胸がスーッとしました。(閣下が机を叩くときに、今日は下敷きの上に手を置いていたのがちょっと笑えました)。そのくせ、部屋から出た後、身をよじって苦しむトートが可哀想になってみたりします(ああ忙しい)。

 鏡の間では、シシィが扉の奥に肖像画と同じポーズで立って振り返っている時、顔が影になってしまっているのが、もったいないなーと思って観ていました。となみちゃんの会に入っている友だちから聞いたのですが、あのドレスをシシィの肖像画に近い物にしてほしいというのが、となみちゃんの希望だったそうです。襟ぐりに黒いリボンが縫い込んであってアクセントになっているのがポイントだとか。(肖像画は金色のリボンかな?)

 ドクトル・ゼーブルガーの場面で、シシィがすごく低い声で強く「ありえないわ」というのが、ちょっとひっかかっていたのですが、今日はそこは抑えめで、「あなたが本当に死だというのなら私の命を奪うがいい」「でも愛することはできない」というくだりがいちばん強く出ていて、そのほうがいいなあと思いました。トートもそれを受けてすごい迫力でした。

 ルドルフは、初日以来はじめて、引き金を引く時にはっきり「笑っている」と思ったのですが、解放されたやすらかな微笑ではなくて、狂気の笑みに見えました。頭を撃ち抜いた瞬間、糸の切れた操り人形のようにトートの腕の中に崩れ落ちるのもその表情に合っていて、ぞっとしました。死の接吻をしたあとのトートは、今日は笑いませんでした。


 フィナーレの「私が踊る時」の夏希さんは、いつもわりとにこやかに歌っていると思っていたのですが、今日はなんか閣下モードに入ってて妖しかったです。
 「闇が広がる」のダンスナンバーで、前列の5人(というか夏希さんが抜けた後の4人)を観ながら、このメンバーがAQUA 5になるのねーやっぱ踊らせてほしい……とか思っていました。
 タンゴの髪型は前と同じ。前髪ハラリもなし。前髪が乱れたほうが色っぽいと思うのですが、夏希さんとしては髪が崩れるのはイヤなのかなあ。手の甲の傷の上の黒いアクセサリー、初めて確認しました。重たい感じですね。


 (ポイントだけ……と思ったのに、長っっ。後で細かいこと追加しようと思いますが多分しないでしょう……)
 (といいつつ早速追加)
 病院の場面で、どの患者がシナちゃんかやっとわかったんです。薔薇の花束持って立っている子ですよね? なんで今まで分からなかったんだろう……。

Comment

NoTitle 

へぇ~ シシィを視点で観るとまた違った感じでおもしろいんですね。
5回目の観劇でなかなか満喫していらっしゃる・・ 笑
ムラの千秋楽の映像で 「出てって」の後 扉の外でトートが胸(心臓・・・笑)に手をあてて
「何なんだこの苦しみは・・・」といった感じがとても人間ぽくて(また娘が真似します・・・笑)
水さんならではのトートで印象的でした。
>冥界の場面の「心に芽生えたこの想い」でうっとりと幸せそうだったり、一幕ラストの「お前に命許したために生きる意味を見つけてしまった」で、なんだか後悔しているようだったり
そんな表情・・・とっても観たいです・・・
あ~ぁ ほんと東京公演もDVD出してほしいですよね~
スカステでは著作権の関係で
やらないんでしょうし・・・残念です・・・
  • posted by nagiteru 
  • URL 
  • 2007.07/22 11:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメントありがとうございます 

はい、2階のてっぺんからでも、どこからでも毎回楽しく観ております。

東京千秋楽は収録はするのでしょうから、いつか観られるといいですね……。
東京公演のステージインフォメーションはまだなのでしょうか。まさか放送されないのでは……。
  • posted by Valancy@管理人 
  • URL 
  • 2007.07/23 18:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。