星空の道 Snowblink

You are my precious friends.
2006.7 - 2010.9

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて出会う世界、新しい仲間

 「君を愛してる」稽古場のジョルジュ君が誰に似てると思ったかわかりましたよ。わかってみたら、そんなに似てなかったケド……ほかにもまだ誰かいたかなー。
 その話と絡めて、自分の印象書いてたら、脱線しまくって収拾つかなくなったので、映像に即して、感想行きます。
 ちょっとのネタバレも嫌な方は、追記はとばしてください。スカステのニュースなんで、肝心なところは一切見せてないと思いますが……。

 なんかねー。星影の人もエリザベートも再演だったから、誰がどんな人だってのもその運命も前もってわかっていたけれど、今度は新作でしかもオリジナルだから、まだ誰も見たことのない世界が稽古場で出来上がりつつあって、会ったことない人たちがそこで生き始めてるのを見て、あらためて芝居作るのってすごいことだなーと思いましたね。(やるなぁ、キムシン)
 そして夏希さんはやっぱり素敵。惚れ直すわ。

 以下、長文注意(えーっと100行くらいあります。ばかですね)




 ジョルジュのソロ歌。
 これが普通に主題歌でもいいと思うんですけど……。
 「星影の人」の「星が近くに見える」と雰囲気がちょっと似てる(あの歌が星影で一番好き)。
 お稽古場の夏希さんて、長い前髪が目に掛かってて色っぽいことが多いですが、前髪短くて可愛いー若いー。

 ジョルジュ、群がる女たちに手足をつかまれ「もしかして、遺言状がばれてる……?」
 女たち「ウィ♪」
 蜘蛛の巣にかかった蝶みたいだわ。

 フィラントのお気楽ソング。
 手拍子してるヒロさん、組長、圭子さんが後ろに映っていて、かえって緊張しそうな眺めだなーと思ったりする。

 羽扇を持った踊り子ちゃんたちが歌い踊る「家族のため働いて~♪」

 踊り子たちに囲まれたジョルジュ君「(情けなさそうに)そんなのあるか? (怒って)そんなのあるか!」
 何怒ってるかわかりませんけど、手に持ってるペットボトルは例によって酒瓶ですかね。

 壁かテントの幕かわかんないけど、セットの前に倒れているジョルジュ。
 マルキーズに「ねえ、しっかりして……」と抱き起こされ、向かい合った瞬間、「天使だ……」
 ……笑いツボ入ったんですけど、ここ笑うとこでOK?(だからこういうの弱いって言ったっしょ……)

 ジョルジュとマルキーズは喧嘩してるのかと思ったけど、ジョルジュがマルキーズを追いかけて、マルキーズは逃げようとしてるっぽい。
 二人を落ち着かせようとする神父さま。
 マルキーズ、手に持った何かをブンブン振り回してジョルジュに殴りかかる。よけるジョルジュ。
 意外と敏捷だな、おぼっちゃま。

 ベンチか長椅子かわからないけど、並んで座るアルセスト、フィラント、セリメーヌ。(「セリメーヌ」か「セメリーヌ」かわかんなくなるんですけど、「セリメーヌ」ですね。セリメーヌ、セリメーヌ、セリメーヌ……笑)
 セリメーヌは気位が高く、欲しいものは欲しいとはっきり言う、リアリストのお嬢さんらしい。お金持ち3人組と仲よさそう(ここも腐れ縁ぽい……)
 セリメーヌ「わたしは普通よ」
 フィラント「わたしは? じゃおかしいのは俺か?」
 セリメーヌ「あなたもいつも通り」
 フィラント「(アルセストの肩をつかみ)じゃおかしいのはこいつか!」
 セリメーヌ「さあ」
 二人の肩を抱いて笑い転げるフィラント。

 アルセストを振るセリメーヌ。
 その間にこっそり逃げ出すジョルジュ。
 つかつか歩いていって、ジョルジュの肩をつかむセリメーヌ。
 セリメーヌにおいすがるアルセスト。
 見ないふりのフィラント。
 なんか、音楽や歌に合わせて演技に振り付けがしてあるのね。パントマイムみたい。

 アルセストのソロ歌。「だから、何も言えない……」
 いやーわかりやすいヘタレですね。がんばれっ。

 サーカス団にやってくるアルガン。帽子をもてあそびながら「ここは相変わらずだなあ」
 マルキーズ「変わらないから素晴らしいのよ」(今聞くとちょっとつらいセリフだわ)
 後ろにいるリュシールがすっごい目でアルガンを睨んでる。

 「歌う悪役」アルガンは、踊る部下4人+色っぽい圭子姐さん付き。
 圭子さんのお稽古着はシャツブラウスにタイトスカートで、お衣装はスーツだと思われますが、どういう役でしょうね。アルガンのサーカスのスターだったりする?

 アルガンの誘いを蹴って、「たくさんの感動を多くの人に味わってもらいたい」と歌うマルキーズ。静かに同意するサーカス団員のシャルル、そら君、せしる君、キング君。
 リュシールが憧れの眼差しでマルキーズを見つめる。
 こういう、セリフもなく舞台のいるときのシナちゃんの表情ってすごく好き。

 マルキーズに何か申し出るジョルジュ。笑顔で「命を……助けてもらったし……」
 感動して駆け寄るマルキーズ。
 「うわあっ、ぶたないで!」と頭かばって逃げ腰になりながら、「君を助けたいんだ!」と一生懸命わかってもらおうとするジョルジュ。
 マルキーズ「ぶったりしないわ……」
 ここまでに、どんだけぶたれてるんだか(笑) いや素敵。

 弟のクレアントと、おそらくその彼女のかおりちゃんと話すジョルジュ。
 ジョルジュ「僕はお前がうらやましい……」
 クレアント、目をむいて「兄さんが僕を?」

 セリメーヌをはさんで歌いあげる両親。ボーゼンとするセリメーヌ。
 娘をフランス一の貴婦人に、とかなんとかそんな歌かな~フランス一幸せにしたい、かもしれない。

 フルーレを持ってジョルジュにかかっていくリュシール。よけるジョルジュ。回りでサーカス団員が数人見ている。
 胴を払われ、側転して逃げるジョルジュ(だから、なんでそんなに敏捷なん?)、仕方なく剣を取り、リュシルの剣を一撃で叩き落とす。
 かっこいいじゃん。

 サーカス団員たちと踊るジョルジュ。(リュシールもいる)
 仲間と認めてもらった?

 アルセスト「それは僕は、臆病かもしれないけど……!」
 きっと振り返ると、フィラントが笑って歌う「悩むことはなにもない~~♪」
 いいコンビだ。

 神父さまの「愛について」の歌。
 いいよね~。

 檀上から、サーカス団員を誘うアルガンとレイチェル(圭子さん)。立ち上がってその場を去る団員達。
 次の場面は楽しそうに踊る団員達。
 シャルルとリュシールはカップルらしい。

 「サーカス魂」は大合唱ということでしたが、ジョルジュとマルキーズを中心に歌いながら踊りまくってます。神父さまやフィラント、アルセストも一緒に踊ってます。


 女の子がみんな気が強いったら。それで男はちょっと情けないけど、やるときはやるんだ、きっと。
 派手なアクションとダンスと歌が多くて楽しそうなお芝居ですが、最後までいい話だといいなあ(どんな映画だって、予告編は面白いに決まってるから)。こんな結末、納得いかない~ってのはヤですからね。……というくらい、既に入れ込んでしまいました。
 あと、もひとつ心配なのが、お稽古着のほうが素敵だったのに……と思ってしまうこと(笑)

 そうそう、アルセストはCMよりあの髪のほうがいいと思う。マンガにでてくるフランス人みたいなふわふわのブロンド(「とくばん」のテル君の髪)。

Comment

レポありがとう 

詳しい解説ありがとうございます。
CSが見れないのでこんな風に詳しくレポしてくださるとうれしいです。
  • posted by yumi 
  • URL 
  • 2007.12/28 11:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメントありがとうございます 

いつもありがとうございます。
こういうの、やっちまった後で、ほんっとばかだなーといつも思うので、そういって頂けると気が休まります……。
私のつたないレポではニュアンスはお伝えできませんが、それは劇場でのお楽しみ♪ということで……。
  • posted by Valancy@管理人 
  • URL 
  • 2007.12/31 18:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

Recent Comments

右サイドメニュー

Search

Categories

Profile

Valancy

Author:Valancy
Favorites:
 水夏希さん
 シメさんこと紫苑ゆうさん
 ハウルの動く城
 ヴァンパイア・クロニクルズ
 ベルサイユのばら

 管理人の基本情報はこちら
 宝塚ファン歴はこちら
 夏希さん語りは
こちら

水夏希応援隊 Natsuki Mania  ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会

Home

管理サイト〈星空の道〉へ

Links

いつもお邪魔しているブログさま。

当ブログはリンクフリーです。
貼るのも剥がすのもご自由にどうぞ。

QR Code

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。